開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[最前線]

ビジネス指向を重視したIT管理の新フレームワーク「IT-CMF」

2011年4月6日(水)

IEEE/IT Professional誌特約 IT管理を容易にするためのツールやマニュアル群であるフレームワークは、ITの世界にあまた存在する。 一方、ビジネスに貢献できるITという視点に重点を置いたフレームワークは今まで存在してこなかった。 こうした現状を打破すべく、ベンダーやユーザー、学術会などが集結し、ビジネス指向のフレームワークを完成させた。 それが、「IT能力成熟度フレームワーク(IT-CMF:IT Capability Maturity Framework)」である。 Translated from the original English version and reprinted with permission, from “A New Management Framework for IT”, IT Professional Nov.-Dec. 2010., (C)2010 IEEE

ITエグゼクティブに求められるのは常に結果だ。最高情報責任者(CIO)はここ十数年間、システムを適切に管理し、システムによる改善効果を計測し可視化できるように苦労を重ねてきた。

彼らはIT管理を容易にするため、フレームワークや能力モデルといった手法を使ってきた。エンタープライズアーキテクチャの礎となった「ザックマン・フレームワーク」、プロセス改善のガイドライン「CMMI(能力成熟度モデル統合:Capability Maturity Model Integration)」、システム運用のベストプラクティス集「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」、ITガバナンスの国際標準フレームワーク「COBIT(Control Objectives for Information and related Techno-logy)」、などが主な例だ。だが、大半のフレームワークはITのみに焦点を当て、ビジネスにまで焦点を当てられていなかった。

米インテルなどのベンダーやアイルランド国立大学メイヌース校、イノベーションに関するコンサルタントなどで構成するコンソーシアム「イノベーション・バリュー・インスティテュート(IVI)」は、ビジネスに貢献できるITという視点に重点を置き、結果を測定可能な形で表現できる新しいフレームワークを発表した。それが「IT能力成熟度フレームワーク(IT-CMF:IT Capability Maturity Frame-work)」である。IT環境自体の潜在能力を数値化するだけでなく、ITとビジネスとの関連性を重視している点が特徴である。

米インテルの研究内容が由来
企業・学会・コンサルが改善重ねる

IT-CMFの元となったのは、米インテルのマーティン・カーリー氏が、著書「Managing Information Technology for Business Value(インテル・プレス、2004年)」の中で提案したフレームワークだ。IVIはこのフレームワークを精査し、適用範囲を拡大してきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

ビジネス指向を重視したIT管理の新フレームワーク「IT-CMF」IEEE/IT Professional誌特約 IT管理を容易にするためのツールやマニュアル群であるフレームワークは、ITの世界にあまた存在する。 一方、ビジネスに貢献できるITという視点に重点を置いたフレームワークは今まで存在してこなかった。 こうした現状を打破すべく、ベンダーやユーザー、学術会などが集結し、ビジネス指向のフレームワークを完成させた。 それが、「IT能力成熟度フレームワーク(IT-CMF:IT Capability Maturity Framework)」である。 Translated from the original English version and reprinted with permission, from “A New Management Framework for IT”, IT Professional Nov.-Dec. 2010., (C)2010 IEEE

PAGE TOP