[Gartner’s Eye]

鍵は権限/責任の明確化、BCMに不可欠なガバナンス体制

2011年5月18日(水)

災害発生時に、業務やシステムへの影響をいかに抑えるか。未曾有の大災害に直面している今、事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)の重要性が改めて見直されている。意思決定の責任の所在や内容を明確にし、確固としたガバナンス体制を構築することが不可欠だ。

災害などのリスク発生時に、事業を可能な限り継続するための経営管理手法が事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)。BCMを推進するうえで重要となるのが、ガバナンスの体制である。ビジネスとITの障害リスクや、それによる事業部門や企業全体への影響に対処するために継続的に利用する、意思決定の権限や責任に関するフレームワークを確立することを指す。成果物は事業継続計画(BCP)と呼ばれる。

ガートナーは、BCMのガバナンスにおいて意思決定の権限と責任の所在の明確化を唱えている。

以下に、BCMガバナンスにおいて考慮すべき主要な項目を示す。

  • BCMやIT災害復旧管理によって、ビジネスをどう支えるか(BCM履行のポリシーや原則)
  • 誰が、どのような意思決定をするか。その意思決定をどう履行するか
  • 意思決定の履行や成立、適合を保証する方法論
  • 責任と権限をどう確立し、伝達し、履行し、確認するか

ガートナーのBCMガバナンスのフレームワークでは、権限や責任を明確化すべき意思決定領域として以下の8領域を規定している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner’s Eye一覧へ
関連記事

鍵は権限/責任の明確化、BCMに不可欠なガバナンス体制災害発生時に、業務やシステムへの影響をいかに抑えるか。未曾有の大災害に直面している今、事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)の重要性が改めて見直されている。意思決定の責任の所在や内容を明確にし、確固としたガバナンス体制を構築することが不可欠だ。

PAGE TOP