[木内里美の是正勧告]

東日本大震災の現場を行く

2011年6月15日(水)

東日本大震災が起こった後、社内に設置された災害対策本部の会議に出席したり、Webで情報を集めたりしながら、できるだけ早い機会に被災地を訪れることを考えていた。学生時代に津波を研究し、当時の恩師が仙台在住だからという理由だけではない。長く土木建設の分野で活動をし、自然を相手に構造物設計を手掛けてきたエンジニアの責務でもあるように思われたからだった。

しかし、なかなか交通手段が回復せず、仕事と家庭内の事情も絡んで私的に行動する機会をつくれずに悶々としていた。事情が許すようになった4月4日、矢も楯もたまらず深夜高速バスで仙台に向かった。早朝の仙台駅周辺はあっけないほど平静で、道路の舗装の一部に損傷が見られるくらいである。

塩竃市の出身だというドライバーのタクシーをチャーターし、仙台港、若林区、名取市、七ヶ浜、塩竃、松島、奥松島、東松島、そして石巻付近を回った。恩師を訪ね、支社の災害対策本部を訪問し、その日の夜のバスで戻ってきた。疲労感よりも、目にしたあまりの惨状に気持ちの高ぶりを抑えられなかった。

写真 若林区周辺の延々と続く壊滅的な被害(筆者が撮影)
写真 若林区周辺の延々と続く壊滅的な被害(筆者が撮影)

体で感じ取った被災現場

壊滅状態と表現される宮城の沿岸部の被災地に立った時、感じたのはここに住んでいた方々の絶望感であった。被災地に広がる荒涼とした瓦礫の山は、復旧にかかる年月の長さを想像させて余りある。その広がりは福島から青森に至る沿岸部の数百キロに及んでいる。

多少なりともそれを緩和させるには、復旧期間中の生活と精神的負担に堪え得る住まいを急がねばならない。1カ月以上経った今も、避難所の床暮らしをしている被災者がたくさんいる。公営私営の空き住戸を引き当てるとか、ハウスメーカーを一斉招集し、他地区の新築住宅への資材供給を遅らせてでも、仮設住宅を最優先で建設しなければならない。瓦礫の片付けも重要だ。仙台東部道路が明らかな防波堤効果を発揮したことから、瓦礫を活用した津波対応の道路計画も必要だろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

東日本大震災の現場を行く東日本大震災が起こった後、社内に設置された災害対策本部の会議に出席したり、Webで情報を集めたりしながら、できるだけ早い機会に被災地を訪れることを考えていた。学生時代に津波を研究し、当時の恩師が仙台在住だからという理由だけではない。長く土木建設の分野で活動をし、自然を相手に構造物設計を手掛けてきたエンジニアの責務でもあるように思われたからだった。

PAGE TOP