[インタビュー]

ソーシャルメディアの情報を生かし、『オンラインメディア・インテリジェンス』の確立へ

2011年7月4日(月)

TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの利用者が世界規模で拡大するのに呼応し、ソーシャルメディア上の情報を企業活動に生かそうとする動きが広がっている。ソーシャルメディア分析ツールを開発/提供する米Meltwater Groupのヨーン・リセゲン氏に、ソーシャルメディアの企業活動への影響や、国内展開について聞いた。

ソーシャルメディアには、特定の物事に関する好き嫌いなど、感情や思考が色濃く反映された顧客の生の声が溢れている。こうした情報を企業活動にうまく活用すれば、売上高や市場シェアといった「実績」に基づく行動だけでなく、これから何が起きるかといった「予測」に基づく行動が可能になる。このように、ソーシャルメディア上の情報を企業活動に生かすことを、当社は「オンラインメディア・インテリジェンス」と呼んでいる。

オンラインメディア・インテリジェンスの取り組みの1例として、北欧のある乳製品メーカーの事例を示そう。ある日、同社の競合メーカーがヨーグルトの新製品を近々発売することが判明した。一般の企業であれば、ここで「何らかの対応策を採らなければならない」と考えるのが普通だ。だが同社は、ソーシャルメディアの情報を活用して、その新製品が市場にどれほどの影響を与えるかを分析した。「そもそも対抗策を考える必要があるかどうか」という判断をするためだ。

同社は、当社のソーシャルメディア分析ツール「Meltwater Buzz」を利用し、ソーシャルメディア上にあるヨーグルトに関する消費者の声を分析。「甘すぎるヨーグルトはあまり好まれない」といった傾向を割り出した。最終的に同社は、競合他社の新製品は恐れるに足らないと判断。実際の売れ行きも優れなかった。なぜなら、その新製品の特徴は「非常に甘い」ことだったからだ。

当社は、オンラインメディア・インテリジェンスの実現を支援するため、Meltwater Buzzをはじめとする6種類のサービスを、欧米を中心に提供中だ。日本国内では、「Meltwater News」というニュースメール配信サービスを先行して提供している。これは、Webニュースやソーシャルツールへの書き込みといったインターネット上の情報から、顧客の求める情報をシステムが自動的にピックアップしてメールで配信するものだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ソーシャルメディアの情報を生かし、『オンラインメディア・インテリジェンス』の確立へTwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの利用者が世界規模で拡大するのに呼応し、ソーシャルメディア上の情報を企業活動に生かそうとする動きが広がっている。ソーシャルメディア分析ツールを開発/提供する米Meltwater Groupのヨーン・リセゲン氏に、ソーシャルメディアの企業活動への影響や、国内展開について聞いた。

PAGE TOP