アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

SAPジャパン、ERPやCRMと連携するスマートデバイス向けアプリ27個を発表

2011年9月29日(木)

 SAPジャパンは2011年9月27日、27種におよぶスマートデバイス向けアプリケーションの新製品を、2011年第4四半期に提供開始すると発表した。ERP(統合業務)やCRM(顧客関係管理)といったバックエンドシステムと連携して動作し、業務プロセスの効率化や迅速化を支援する。

 発表したアプリケーションは、(1)在庫照会の「SAP Material Availability」、得意先検索の「SAP Customer and Contacts」、受注状況照会の「SAP Sales Order Notification」をはじめとする、従業員の生産性向上支援を目的としたものが21種、(2)顧客情報管理システムの情報を表示する「SAP CRM Sales」をはじめとする、業務システムやビジネスインテリジェンス(BI)システムのフロントエンドが5種、(3)公共サービスに関する問い合わせを入力できる市民向けの「SAP Citizen Connect」という、一般消費者向けが1種の、計27種。

 いずれのアプリケーションも、SAPのスマートデバイス向け開発実行環境「Sybase Unwired Platform(SUP)」上に構築したものだ。「SAP ERP」をはじめとする同社製の業務アプリケーションや、他社製の業務アプリケーションとデータ連携することで動作する。今回発表した27種のアプリケーションのうち、大半はiOSとBlackBerry向けで、Android向けはSAP CRM Salesなど一部にとどまる。だが同社は2011年後半から、Android向けアプリケーションの提供に本腰を入れるという。

 今回発表したアプリケーションは、パートナーとの協業で提供する。パートナーは、ERPやCRMといった業務システムとの連携作業と併せて、アプリケーションを導入する。必要に応じてアプリケーションをカスタマイズして提供する場合もあるという。パートナーがSUPを使って独自開発したアプリケーションも、2011年内に順次登場する。現時点では、アビームコンサルティングやデロイト トーマツ コンサルティングといった企業が、独自開発のアプリケーションを提供予定だ。

 SAPジャパンは上記アプリケーションの提供と併せて、企業におけるスマートフォンの活用を支援する3つのサービスを発表した。構築フェーズに併せたサービスとして、(1)2~3日かけてスマートデバイス活用に関する戦略立案を支援し、それを実現するシステムのプロトタイプを作成する「Value Prototyping」、(2)Value Prototypingで作成したプロトタイプを基に、約2カ月間で試験運用システムや本稼働システムを構築する「Custom Development Project」の2つを用意した。それらに加え、(3)SUPを使ったスマートデバイス向けアプリケーション開発の教育サービスである「Starter Pak」を提供する。

 同社は今回発表した製品/サービスやSUPといったスマートデバイス関連製品/サービスの販売体制を強化するため、担当の営業部隊を年内に5人から10人に倍増させることを明らかにした。「本分野で2011年度に獲得した顧客は30社を超えた。これは、もう1つの注力事業であるインメモリー分析システム『HANA』を上回る規模であり、この勢いをさらに拡大していく」(同社の上野 豊バイスプレジデント)。

関連記事

SAPジャパン、ERPやCRMと連携するスマートデバイス向けアプリ27個を発表 SAPジャパンは2011年9月27日、27種におよぶスマートデバイス向けアプリケーションの新製品を、2011年第4四半期に提供開始すると発表した。ERP(統合業務)やCRM(顧客関係管理)といったバックエンドシステムと連携して動作し、業務プロセスの効率化や迅速化を支援する。

PAGE TOP