[市場動向]

企業利用に広がるスマートデバイス Part 1

2012年1月10日(火)

導入環境が整って、広がる企業利用 豊かな発想力で未開の用途も探る 消費者向けに広がった製品/サービスが企業ITの進化を加速させる「コンシューマライゼーション」。 急先鋒にあるテクノロジーの1つが、米アップルの「iPad」に代表されるスマートデバイスである。 セキュリティ面や開発面で企業が導入するための環境は整い、2012年以降、爆発的な広がりが見込まれる。 豊かな発想力で臨めば、今までのITでは過不足があった業務の革新や、斬新な用途を切り拓ける可能性が出てきた。 栗原 雅 (編集部)

午前9時、大手建設会社の高岡徹(仮名)は成田空港で飛行機に飛び乗った。行き先はベトナム・ホーチミン。当地の政府系企業と共同開発する大規模工業団地の打ち合わせが目的である。飛行機が安定飛行に入ると高岡はカバンからスマートデバイスを取り出し、工業団地の設計図やパース図、説明資料をサッと“広げ”、念入りに最終チェックを始めた。

「ここはページを分けたうえで内容をブラッシュアップしたい」。高岡はそうつぶやき、PDF形式の説明資料を指先でなぞるようにしてマーカー線を引き、修正方針を書き込んだ。そして定刻の午後2時半にホーチミンに到着すると再びスマートデバイスを取り出し、VPNを介して社内SNSでプロジェクトメンバーに修正を指示。「1時間半後に会議が始まるから、それまでに頼む」。

顧客企業の会議室で起動したスマートデバイスに並んだ説明資料のアイコンには、更新済みを示す「New」のマークが付いていた。指先で画面をタッチして資料のページを繰りながら説明を終え、予約していたホテルにチェックインした高岡は早速スマートデバイスのビデオ会議ソフトを起動。日本で待つメンバーに初日の会議の無事終了を伝えた──。

これは架空のシナリオだが、今この瞬間にも実現可能なテクノロジーはすべてそろっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2

企業利用に広がるスマートデバイス Part 1導入環境が整って、広がる企業利用 豊かな発想力で未開の用途も探る 消費者向けに広がった製品/サービスが企業ITの進化を加速させる「コンシューマライゼーション」。 急先鋒にあるテクノロジーの1つが、米アップルの「iPad」に代表されるスマートデバイスである。 セキュリティ面や開発面で企業が導入するための環境は整い、2012年以降、爆発的な広がりが見込まれる。 豊かな発想力で臨めば、今までのITでは過不足があった業務の革新や、斬新な用途を切り拓ける可能性が出てきた。 栗原 雅 (編集部)

PAGE TOP