[技術解説]

iOSとAndroid OSはこう違う Part 2

2012年1月17日(火)

iOSは「1社完結」の確実性を追求 「自由と責任」が共存するAndroid 企業が今、スマートデバイスとして注目するiPadとAndroidタブレット。 これらにはどのような違いがあるのか。 OSのみならずハードへの実装や、運用面なども視野に入れて比較すべき項目を 一覧表でまとめるとともに、ポイントを概説する。 川上 潤司 (編集部)

スマートデバイス、特にタブレット端末の導入を検討するとなると、候補の筆頭に挙がるのがiPadとAndroidタブレットだろう。Windowsを搭載したキーボードレス端末、すなわちスレートPCも選択肢となるが、タッチ操作に最適化されたWindows8搭載機の登場を見てからとの声は少なくない。

こうした現状に照らし、本パートではiOSとAndroid OS(ならびに搭載機やビジネスモデル)に焦点を当て、その違いを整理する。

業務利用を想定した時、2つのOSのどんな特徴に目を向けるべきか。主要な項目で比較したものが次ページの表2-1である。大きく分けて、(1)端末の特性、(2)アプリケーションの開発・導入、(3)セキュリティや運用──という観点で違いを見ている。以下でポイントを見ていこう。

垂直統合と水平分業
基本アプローチに大きな差

iOSは、元々の名称が「OS X iPhone」だったことから推察できるように、Macintosh向けに開発されたOS Xがベース。ルーツをたどればBSD系のUNIXである。タッチインタフェースや加速度センサーなどの利用を前提に各種の改変が施されている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2

iOSとAndroid OSはこう違う Part 2iOSは「1社完結」の確実性を追求 「自由と責任」が共存するAndroid 企業が今、スマートデバイスとして注目するiPadとAndroidタブレット。 これらにはどのような違いがあるのか。 OSのみならずハードへの実装や、運用面なども視野に入れて比較すべき項目を 一覧表でまとめるとともに、ポイントを概説する。 川上 潤司 (編集部)

PAGE TOP