[中国電脳事情]

【中国電脳事情】米MS、中国初のクラウドセンターを広東省に設置か?など(第24回)

2012年1月25日(水)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

米MS、中国初のクラウドセンターを広東省に設置か?

─ 新快報(10/20)

「マイクロソフトは中国にクラウドセンターを建設するが、広東省はその候補地の1つだ」。同社のコーポレートバイスプレジデントで、現地法人のCEOを務める梁念堅博士は、広州交易会のイベント席上でこう述べた。立地選択は地元政府の協力度や、ブロードバンド環境、開発人材やクラウドユーザーの数などを考慮するが、その意味でも広東省は有力候補地としている。

現在、同社のパブリッククラウドは中国ではまだ運用されていない。この点については「中国当局の管理条例が主因であり、技術上の問題ではない」とした上で、「状況はどの国でも同じであり、法律がクラウドの発展に追いついていない」と指摘した。

プライベートクラウドに関しては、大企業や各地のプロバイダー、銀行などで徐々に顧客を増やしているという。「近い将来、マイクロソフトは中国で強大なチームによる大型パブリッククラウドのプロジェクトを展開し、中小企業の情報化促進や、IT導入のコスト削減に大きく貢献するだろう。これからのITは水道や電気と同じで、使った分だけ支払えばよくなる」(同氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】米MS、中国初のクラウドセンターを広東省に設置か?など(第24回) 中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP