[木内里美の是正勧告]

IT技術者が医療現場から学べること

2012年4月16日(月)

自分たちが使うシステムは、自分たちが主導して作る─。これを実践している宮田眼科病院(宮崎県都城市)を訪問し、システム化の実情を視察してきた。ユーザーが開発を主導するのは必要だが、実践は容易ではない。現場で開発プロジェクトの実態を確かめたかったのだ。

宮田眼科病院は、鹿児島の分院を合わせると年間約16万人の外来患者が訪れ、約8000件の手術をこなす日本屈指の眼科専門病院である。午後の到着だったにもかかわらず、ロビーにはたくさんの外来患者さんがいた。

ロビーのデジタルサイネージには先行開発された予約管理システム「M-Magic」と連動して、待機のステータスが時々刻々と表示される。待ち時間の改善と、患者の不満解消に寄与している。その後、検査、診察、治療、手術、ケア、病棟、医事会計などを視察し、大学病院を凌ぐような先端医療研究施設などを巡るうちに、眼科医療の全体像とプロセスが浮かんできた。

話はそれるが、ガラス越しに見学した白内障のオペ(手術)は特に印象深かった。院長である宮田氏が個体差のある白内障の手術を次々とこなす。角膜縁の部分切開から白濁した水晶体の破砕吸引、皮質処理、眼内レンズ挿入といった一連の作業が淀みなく行われ、1人当たり5、6分でオペを終える。角膜は見違えるように透き通る。患者の喜びが伝わってくるようだ。まさに神の手をみる思いだった。

生々しいプロジェクトの姿

宮田眼科病院が取り組むプロジェクトは「Hayabusa」と呼ばれており、業務を改善し医療現場の流れをトータルに組み込んだものだ。狙った獲物は逃さない隼に思いを込めている。核となる電子カルテも当然含まれている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

IT技術者が医療現場から学べること 自分たちが使うシステムは、自分たちが主導して作る─。これを実践している宮田眼科病院(宮崎県都城市)を訪問し、システム化の実情を視察してきた。ユーザーが開発を主導するのは必要だが、実践は容易ではない。現場で開発プロジェクトの実態を確かめたかったのだ。

PAGE TOP