[新製品・サービス]

Androidタブレット端末の業務利用を様々なシーンで提起

2012年4月20日(金)

Tablet Solution Award 2012 本誌を発行するインプレスビジネスメディアは2012年2月28日、「Tablet Solution Award 2012」の表彰式を開催した。Androidタブレットの企業向けソリューションを選出するコンテストで、完成度や独自性などを基準に審査。エントリー企業142社の中から、グランプリ(1社)、協賛企業賞(3社)、特別賞(3社)を選んだ。

[グランプリ]
顧客満足度向上とコスト削減を両立

グランプリを受賞したのは、日本ユニシスのタクシー配車システム「smar-taxi」。カーナビ兼車載用無線機として使う配車システムで、顧客からの配車依頼に対して最適なタクシーを迅速に割り当てられる。タブレット端末のGPS機能を活用することでタクシーの現在地を特定し、顧客から最寄りのタクシーの検出と配車指示までを自動化する。従来の配車システムは指示を出すまでに1分程度要していたが、 smartaxiなら最短3秒で指示を出せるという。

初期導入費を抑える効果も見込める。専用カーナビ端末の場合、1台あたり20万〜30万円の費用がかかるが、Androidタブレット端末ならば1台あたり5万円程度で済む。20万円するタクシー専用無線機も、携帯電話網を活用すれば不要となる。

タクシー業界は現在、アナログ無線からデジタル無線への移行期にある。アナログ無線は2016年6月に利用できなくなる予定で、各社はデジタル無線を用いた配車システムの導入を迫られている。

同社はこうした課題に着目し、携帯電話網を用いた安価な配車システムの価値を訴求する。「smartaxiは、デジタル無線化へ向かうタクシー業界に新たな価値を投じるソリューションである。コストメリットを全面に打ち出し、Androidタブレット端末を用いたシステム移行を促したい」(流通第二事業部 事業部長 齊藤昇氏)。

[協賛企業賞/特別賞]
業務に根付いた機能追求

協賛企業賞や特別賞を受賞したソリューションの中には、特定業務向けに機能を絞り込んだものが目立つ。

アイエスゲートの「ヘルスライフサポート」は、医療機関を訪れた外来患者が、タブレット端末を使って症状などを入力する問診支援アプリ。34カ国語を使い分けて問診内容を表示し、日本語を話せない外国人でも安心して医療機関を受診できるようにした。日本人が海外へ渡航した際には、現地の医療機関に症状や病歴などを正確に伝えることもできる。

三和マッチの「Pro-Salon」は、美容室の業務を支援するアプリ。立ち仕事の多い業務であることを勘案し、顧客の予約状況や過去の利用履歴をタブレット端末からチェックできるようにする。カメラを使って施術後の髪型を撮影して保存したり、売上を管理したりすることも可能だ。

本コンテストの後援企業であるNTTドコモ 法人事業部 ソリューションビジネス部 神代真琴氏は、「どの製品も業界や業務上の課題を洗い出し、Androidタブレット端末を用いることで解決できるという可能性を見事に示している」と評価した。 (折川)

表 Tablet Solution Award 2012受賞企業
表 各製品の価格一覧
関連記事

Androidタブレット端末の業務利用を様々なシーンで提起 Tablet Solution Award 2012 本誌を発行するインプレスビジネスメディアは2012年2月28日、「Tablet Solution Award 2012」の表彰式を開催した。Androidタブレットの企業向けソリューションを選出するコンテストで、完成度や独自性などを基準に審査。エントリー企業142社の中から、グランプリ(1社)、協賛企業賞(3社)、特別賞(3社)を選んだ。

PAGE TOP