[新製品・サービス]

NutanixとXenDesktopを組み合わせたVDIシステム、レノボや日商エレがシステム販売

2017年11月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

シトリックス・システムズ・ジャパン、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、日商エレクトロニクスの3社は2017年11月30日、レノボのHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「Lenovo ThinkAgile HXシリーズ」と、シトリックスのVDIソフト「XenDesktop」を組み合わせたパッケージ製品の拡販に向け、同日付けで協業を開始した。

 VDIソフトを手掛けるシトリックス、米Nutanixのソフトを採用したHCIアプライアンスを手掛けるレノボ、SIベンダーの日商エレ、これら3社は今回、NutanixベースのHCIとXenDesktopを組み合わせたVDIシステムのリファレンスアーキテクチャを共同で開発した。

 第1弾として、レノボのHCIアプライアンスであるLenovo ThinkAgile HXシリーズ上で、米Nutanix標準のサーバー仮想化ソフトでKVMをベースとした「Acropolis Hypervisor」(AHV)とXenDesktopの組み合わせで動作検証を行った。この上で、推奨構成を策定し、これをレノボが「太鼓判シリーズ」としてWebで公開した。

 今後、第2弾として、AHVのソフトウェア新版(AOS 5.5)がリリースされたタイミングで、仮想GPU環境のリファレンスアーキテクチャを公開する予定である。AOS 5.5では、サーバーが搭載するGPUを仮想マシンで共有するvGPU機能を利用できる。レノボを通して、ThinkAgile HXシリーズのGPU搭載モデルと、vGPUを使うためのNVIDIA GRIDライセンスをワンストップで調達できる。

 日商エレは、SIベンダー(システム構築会社)として、リファレンスアーキテクチャのシステム構築サービスや保守サービスをメニュー化して提供する。なお、日商エレは1997年からシトリックスの代理店であり、米Nutanix製品についても2012年に日本市場に初めて投入したベンダーである。

関連記事

NutanixとXenDesktopを組み合わせたVDIシステム、レノボや日商エレがシステム販売シトリックス・システムズ・ジャパン、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、日商エレクトロニクスの3社は2017年11月30日、レノボのHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「Lenovo ThinkAgile HXシリーズ」と、シトリックスのVDIソフト「XenDesktop」を組み合わせたパッケージ製品の拡販に向け、同日付けで協業を開始した。

PAGE TOP