[事例ニュース]

昭和産業、全国13拠点のファイルサーバーをクラウドに集約、DRサイトも構築

2018年8月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

昭和産業は、全国13拠点に散在していたファイルサーバーをクラウドに集約した。管理ソフトも整備し、肥大化していたファイル容量を約20%削減した。神奈川のデータセンターを神戸のデータセンターでバックアップするDR(災害時復旧)体制も整えた。2018年6月から稼働している。クラウドサービスや管理ソフトを提供したNECが2018年8月30日に発表した。

 昭和産業は、2011年の東日本大震災をきっかけに、食の安定供給に向けて、BCP(事業継続計画)の強化とシステムの運用負荷軽減を目的に、クラウド化を検討してきた。今回のシステム構築では、技術情報や業務ノウハウなどの重要情報を格納する全ファイルサーバーをクラウド上に移行して集約した。クラウドサービスには「NEC Cloud IaaS」を利用した。

図1:昭和産業はファイルサーバーをクラウドに集約・移行した(出典:NEC)図1:昭和産業はファイルサーバーをクラウドに集約・移行した(出典:NEC)
拡大画像表示

 ファイルサーバーの集約にあわせて、ファイルサーバーの肥大化を防いでデータ量をスリム化する機能を備えた管理ソフト「NEC Information Assessment System」(NIAS)を導入した(関連記事:NEC、不要ファイルの削除を促すNASスリム化ソフトに新版、全社共通ルールで管理可能に)。これにより、クラウドへの移行時に、これまで肥大化していたファイル容量を約20%削減した。

 BCP対策の一環として、クラウド化に加えて、DRサイトも構築した。データを遠隔地にリアルタイムに複製する環境を構築し、災害時にも事業を継続できるようにした。メインサイトはNEC神奈川データセンターで、バックアップ先はNEC神戸データセンターである。

関連記事

Special

-PR-

昭和産業、全国13拠点のファイルサーバーをクラウドに集約、DRサイトも構築昭和産業は、全国13拠点に散在していたファイルサーバーをクラウドに集約した。管理ソフトも整備し、肥大化していたファイル容量を約20%削減した。神奈川のデータセンターを神戸のデータセンターでバックアップするDR(災害時復旧)体制も整えた。2018年6月から稼働している。クラウドサービスや管理ソフトを提供したNECが2018年8月30日に発表した。

PAGE TOP