[事例ニュース]

「バイトル」などを運営するディップがRPAを導入、複数ツール組み合わせ9カ月で10万時間を削減

2019年7月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

求人情報サイト「バイトル」などを手がけるユーザー企業のディップは2019年7月8日、同社が取り組んでいるRPA(ロボットによる業務自動化)プロジェクトの成果を発表した。複数のRPAツールや自動化スクリプトなどを組み合わせる手法によって、2018年10月からの9カ月間で約10万時間の社内業務を削減した。

 ディップは、社内業務を自動化する組織「dip Robotics」を2018年11月に設立し、AIやRPAを活用した業務効率化を推進してきた。今回、dip Roboticsの取り組みの一環として、複数のRPAツールを組み合わせたRPA手法を採用した。これにより、2018年10月からの9カ月間で約10万時間の社内業務を削減した。

 3種類のRPAツールを採用した。クラウド型のRPAツールとして「Robotic Crowd」(チュートリアル製)と「BizteX cobit」(BizteX製)、デスクトップ型のRPAツールとして「RocketMouse Pro」(モジョソフト製)を採用した。さらに、既存のWebサービスや自社開発ツールなど、業務処理を自動化できる様々な仕組みを組み合わせた。

 複数のRPAツールや自動化の仕組みを組み合わせるRPA手法によって、一般的なRPAツールの導入プロジェクトと比べて、導入コストを10分の1程度に抑えた(図1)。一般的なRPAツールの場合、教育コストや開発人員の常駐にともない、年間1000万円以上のコストが必要になるケースもあるという。ディップでは、低コストのRPAツールを組み合わせ、さらに自前で社内に展開することでコストを抑えた。

図1:新規取引先登録業務のRPAフロー図(出典:ディップ)図1:新規取引先登録業務のRPAフロー図(出典:ディップ)
拡大画像表示

 ディップのRPAプロジェクトではこれまで、3種類のRPAツールや自動化の仕組みを組み合わせることで、ロボット約60体を稼働させている。これにより、2018年10月からの9カ月間で約10万3000時間(2019年6月末実績)の業務を削減した。

関連記事

Special

-PR-

「バイトル」などを運営するディップがRPAを導入、複数ツール組み合わせ9カ月で10万時間を削減求人情報サイト「バイトル」などを手がけるユーザー企業のディップは2019年7月8日、同社が取り組んでいるRPA(ロボットによる業務自動化)プロジェクトの成果を発表した。複数のRPAツールや自動化スクリプトなどを組み合わせる手法によって、2018年10月からの9カ月間で約10万時間の社内業務を削減した。

PAGE TOP