[新製品・サービス]

ネットワーク機器の設定情報を他の監視ツールと同期

2012年5月18日(金)

EMCジャパン EMCジャパンは2012年4月4日、ネットワーク機器の設定などを管理するソフト「EMC IT Operations Inteli-gence Network Configuration Manager(NCM)」を発売し た。ストレージやネットワーク機器の挙動や、アプリケーションの性能などを監視する「EMC IT Operations Intelligence(ITOI)」シリーズの1製品で、ITOIの各製品と管理機器の設定情報を同期することで、運用を効率化する。

EMCジャパンは2012年4月4日、ネットワーク機器の設定などを管理するソフト「EMC IT Operations Inteli-gence Network Configuration Manager(NCM)」を発売し た。ストレージやネットワーク機器の挙動や、アプリケーションの性能などを監視する「EMC IT Operations Intelligence(ITOI)」シリーズの1製品で、ITOIの各製品と管理機器の設定情報を同期することで、運用を効率化する。

NCMはネットワーク機器の設定/構成情報の自動取得や、バージョン管理、エラー監視などを実施するソフト。例えば、複数のネットワーク機器に対してパスワードを一括変更でき、「これまで手作業で33時間かけていた変更作業を、自動化することで12分に短縮できる」(グローバル・サービス統括本部 EMC ITOI担当 シニアテクノロジーコンサルタント 毛利洋一郎氏)。こうして変更したパスワード情報は、連携する各ITOI製品に自動的に反映する。これにより、パスワードを変更したことでITOIからネットワーク機器にアクセスできなくなるのを防ぐ。

そのほか、事前に定めたポリシーに基づき機器を運用しているのかをレポートで確認したり、機器の設定を変更した履歴を保管したりする機能も備える。

価格(税別)は管理対象となるネットワーク機器が50台の場合で150万円から。 (折川)

写真 NCMの管理画面。新旧バージョンの違いによる構成情報の違いを比較できる
写真 NCMの管理画面。新旧バージョンの違いによる構成情報の違いを比較できる
関連記事

ネットワーク機器の設定情報を他の監視ツールと同期 EMCジャパン EMCジャパンは2012年4月4日、ネットワーク機器の設定などを管理するソフト「EMC IT Operations Inteli-gence Network Configuration Manager(NCM)」を発売し た。ストレージやネットワーク機器の挙動や、アプリケーションの性能などを監視する「EMC IT Operations Intelligence(ITOI)」シリーズの1製品で、ITOIの各製品と管理機器の設定情報を同期することで、運用を効率化する。

PAGE TOP