[インタビュー]

“100% Pure OpenFlowスイッチ”の強みとは―NoviFlow幹部に聞く

2013年12月25日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

カナダのネットワーク機器ベンダー、NoviFlowが開発した「NoviSwitch」は、インフラレイヤに特化したネットワークスイッチである。その特徴は、NPU(ネットワーク専用プロセサ)の採用による高速処理の実現と、OpenFlowの現行バージョン1.3に備わる機能をフルに生かした設計にある。“100% Pure OpenFlowスイッチ”とも呼べる同製品の特徴について、来日したNoviFlowの創設者でCEOのドミニク・ジョドエン氏と、セールス担当バイスプレジデントのジェスパー・エリクソン氏に聞いた。 聞き手:河原 潤  文:柏木恵子

――まずは、NoviFlowの成り立ちから教えてください。

ジョドエン:2009年に、カナダのモントリオール大学のリサーチプロジェクトとして始まりました。当時はOpenFlowの最初期で、OpenFlowのルーツであるケンブリッジ大学の研究者とも協議しました。製品化するためにNoviFlowを設立したのは2012年で、ケベック州やモントリオール市の出資を受けています。2013年6月に、今回、日本でもNVCから販売が始まったOpenFlow 1.3対応スイッチとしてNoviSwitchをリリースしました。SDN(Software Defined Networking)アーキテクチャにおけるインフラレイヤに特化したOpenFlowスイッチとして、この分野ではマーケットリーダーです。

NoviFlow創設者・CEO のドミニク・ジョドエン氏(右)と、セールス担当バイスプレジデントのジェスパー・エリクソン氏
NoviFlow創設者・CEO のドミニク・ジョドエン氏(右)と、セールス担当バイスプレジデントのジェスパー・エリクソン氏

 

――どのような背景からNoviSwitchが開発されたのでしょう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

SDN / OpenFlow

関連記事

“100% Pure OpenFlowスイッチ”の強みとは―NoviFlow幹部に聞くカナダのネットワーク機器ベンダー、NoviFlowが開発した「NoviSwitch」は、インフラレイヤに特化したネットワークスイッチである。その特徴は、NPU(ネットワーク専用プロセサ)の採用による高速処理の実現と、OpenFlowの現行バージョン1.3に備わる機能をフルに生かした設計にある。“100% Pure OpenFlowスイッチ”とも呼べる同製品の特徴について、来日したNoviFlowの創設者でCEOのドミニク・ジョドエン氏と、セールス担当バイスプレジデントのジェスパー・エリクソン氏に聞いた。 聞き手:河原 潤  文:柏木恵子

PAGE TOP