データセンター データセンター記事一覧へ

[インタビュー]

高効率・低コスト・低環境負荷―OCPJが描く「ユーザーによる、ユーザーのためのデータセンター」

2014年1月6日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/クラウド&データセンター完全ガイド編集長)

ユーザーが自社のビジネスに最適なデータセンターを自ら創る――米フェイスブック(Facebook)のデータセンター戦略を基に発足したOpen Computing Project(OCP)は、高効率・低コスト・低環境負荷を追求した次世代データセンターの仕様を定め、業界全体で共有することを目指すプロジェクトだ。その日本版であるオープンコンピュートプロジェクトジャパン(OCPJ)を2013年1月に立ち上げた藤田龍太郎氏と鵜澤幹夫氏の2人に、OCPのコンセプトや現在の活動内容などを語ってもらった。(聞き手・構成:河原 潤 文:柏木恵子 写真:津島隆雄)

2011年春、Facebookがデータセンターの“中身”を公開したのがはじまり

――OCPJを設立された経緯を振り返っていただけますか。

鵜澤:2011年の春にフェイスブックがオレゴン州に超巨大なデータセンターを開設して話題になりましたが(写真1)、このとき施設内の写真が大量に公開されたのです。普通、データセンターは内部の写真なんて絶対公開しないですよね。なんて気前がいい会社なんだと驚いていたら、今度はデータセンターの仕様をすべてオープンにするという構想が伝わってきました。

 本来なら門外不出なはずの施設や機器のスペックなどが、すべてドキュメントとして公開されたのです。これはすごいと藤田さんと2人で半ば興奮しながら日本語に翻訳しているうちに、だんだんと分かってきました。この人たちは本気でデータセンターの常識を変えようとしているんだ、と。

※編集部注記:米OCPが設立された背景とプロジェクトの概要については、本誌記事「データセンター業界に変革をもたらすFacebook―シリコンバレー最前線」で詳しく紹介しているので参照されたい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「データセンターもサーバーも、ユーザーがデザインすべきもの」
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

Facebook / OCP / データセンター

関連記事

Special

-PR-

高効率・低コスト・低環境負荷―OCPJが描く「ユーザーによる、ユーザーのためのデータセンター」ユーザーが自社のビジネスに最適なデータセンターを自ら創る――米フェイスブック(Facebook)のデータセンター戦略を基に発足したOpen Computing Project(OCP)は、高効率・低コスト・低環境負荷を追求した次世代データセンターの仕様を定め、業界全体で共有することを目指すプロジェクトだ。その日本版であるオープンコンピュートプロジェクトジャパン(OCPJ)を2013年1月に立ち上げた藤田龍太郎氏と鵜澤幹夫氏の2人に、OCPのコンセプトや現在の活動内容などを語ってもらった。(聞き手・構成:河原 潤 文:柏木恵子 写真:津島隆雄)

PAGE TOP