[客観データで判断するWeb投資の妥当性]

【第5回】競合サイトとの性能比較に用いる“客観データ”を収集する

2014年1月15日(水)佐藤 茂之(アルゴスサービスジャパン)

Webサイトやモバイルアプリの開発/改修費を、ただ「何となく」算出している企業は少なくないはずだ。適正額を導き出すには、自社サイトと競合サイトのパフォーマンスを同条件で比較した「客観データ」を利用するのが有効である。ここでは客観データの種類と収集方法を紹介する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
客観データで判断するWeb投資の妥当性一覧へ
関連記事

【第5回】競合サイトとの性能比較に用いる“客観データ”を収集するWebサイトやモバイルアプリの開発/改修費を、ただ「何となく」算出している企業は少なくないはずだ。適正額を導き出すには、自社サイトと競合サイトのパフォーマンスを同条件で比較した「客観データ」を利用するのが有効である。ここでは客観データの種類と収集方法を紹介する。

PAGE TOP