[河原潤のITストリーム]

まだまだ進化を続けるテープ・ストレージ:第42回

2014年4月11日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

重複排除、シンプロビジョニング、SSD、オブジェクトストレージ……日進月歩のITの世界の中でも、ストレージは特に技術革新の多い分野だと言えます。そんなストレージ分野で一見、昔ながらの技術のようでいて、実は今も着実に進化を続けているのがテープ・ストレージです。

 テープ・ストレージについては、本コラムで4年前に一度取り上げたことがあります(市場縮小、されど進化を続けるテープ・ストレージ:第21回)。先日、ITベンダーのストレージ事業部門でテープ・ストレージ製品を長年手がけられている方に話を聞く機会があり、4年前と比べてさらに進化していることがわかりました。そこで今回はテープ・ストレージの今の動向をキャッチアップしてみたいと思います。

ロードマップどおりに大容量/高速化を続けるLTO Ultrium

 IT Leadersの読者であれば、「LTO(Linear Tape-Open)Ultrium」という名称は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。LTO Ultriumは主にエントリーからミッドレンジ規模のテープ・ストレージで標準的に採用されているフォーマットです。

 現行フォーマットは、2013年より搭載製品の出荷が始まった第6世代(LTO Ultrium 6)となります。LTO Ultrium 6は、12.65mm幅のテープに2176本ものデータトラックをびっしり敷き詰めることで、カートリッジ当たり最大容量が6.25TB(圧縮時)、最大転送速度がドライブ当たり400MB/秒(圧縮時)のスペックを達成しています。

 LTOの仕様を策定する業界団体のLTOプログラムでは、将来の容量拡大/転送速度向上を段階的に実現していくロードマップを掲げています。それによると、次の第7世代では16TB・788MB/秒、第8世代では32TB・1180MB/秒まで容量と転送速度が強化される予定です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】メタル系の弱点を克服した新しい磁性体も登場
  • 1
  • 2
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

テープストレージ

関連記事

まだまだ進化を続けるテープ・ストレージ:第42回重複排除、シンプロビジョニング、SSD、オブジェクトストレージ……日進月歩のITの世界の中でも、ストレージは特に技術革新の多い分野だと言えます。そんなストレージ分野で一見、昔ながらの技術のようでいて、実は今も着実に進化を続けているのがテープ・ストレージです。

PAGE TOP