[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第6回】クラウドと仮想ネットワークが可能にするIoTの世界

2014年4月21日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

サーバー、ストレージから始まった仮想化は、ネットワークの仮想化へとつながってきた。データセンター全体の仮想化や、ネットワークで接続された複数のデータセンター全体の仮想化が実現されれば、よりダイナミックにコンピュータ資源を利用できるインフラが整うことになる。その先に待っているのが、多種多様なモノがネットにつながるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界だ。

 2004年3月14日、O3(Open organic Optima)が研究成果を披露するシンポジウムを開催した。O3は総務省の予算によって、イーサネットから無線、WDM(光波長多重通信)までの広い範囲を対象にしたネットワークの仮想化を目指している。NTT持ち株会社、NTTコミュニケーションズ、NEC、富士通、日立製作所の5社が参加する。

 こうしたキャリアレベルの仮想ネットワーク技術の確立と標準化によって、サーバーやストレージの仮想化と統合された環境の構築が可能になる。それは、運用の容易性やネットワーク品質の改善へとつながり、コンピュータ資源をよりダイナミックに利用できるクラウド環境が整うことになる。

2020年には500億個の様々なモノがインターネットにつながる

 クラウドのインフラが強固になればなるほど、その応用も加速する。その1つがIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れだ。IoTとは、これまでインターネットに接続されていなかった多種多様なモノがインターネットに接続され、新しい価値やビジネスを生み出していく流れである。米Cisco Systemsはこれを「IoE(Internet of Everything)」と呼んでいる。

 米HPの報告では、2020年にはモバイル端末を含め500億個の様々なモノがインターネットにつながる。モノ自体や、モノの情報通信に必要な通信機器、その接続によって得られる情報の処理や蓄積のためのクラウド市場が生み出され、2020年にIoTが創り出す経済付加価値は、1兆9000億ドルに達するという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】蓄積したデータに基づき遠隔から操作
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第6回】クラウドと仮想ネットワークが可能にするIoTの世界サーバー、ストレージから始まった仮想化は、ネットワークの仮想化へとつながってきた。データセンター全体の仮想化や、ネットワークで接続された複数のデータセンター全体の仮想化が実現されれば、よりダイナミックにコンピュータ資源を利用できるインフラが整うことになる。その先に待っているのが、多種多様なモノがネットにつながるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界だ。

PAGE TOP