[事例ニュース]

NEXCO西日本、SDNを使ったネットワークを構築

2014年5月7日(水)IT Leaders編集部

西日本高速道路(NEXCO西日本)は「SDN(Software-Defined Networking)」を活用したネットワークを構築した。構築を支援したNECが2014年5月7日、発表した。

 NEXCO西日本はこれまで、交通管制システムや各種社内業務システムごとに専用ネットワークを構築していた。そのため、ネットワーク構成が複雑になり、障害発生時の復旧に時間がかかっていた。災害発生時に道路管制業務を継続できるネットワークも必要だった。

 そこでネットワーク構成の簡素化、災害対策を強化するため、ソフトウェアでネットワークを制御する「SDN」を活用したネットワーク基盤の構築に踏み切った。

 全45ヵ所の高速道路事務所を結ぶ約4000kmのネットワークの経路を、ソフトウェアによって切り替えられるようにした。災害などによって特定の経路が不通になったとしても、経路を変更することで道路管制業務を継続できる。

 NECは、ネットワークを制御する装置「ProgrammableFlow Controller」を4台、コントローラからの指示に応じて経路を変更する「ProgrammableFlow Switch」を136台使ってネットワークを構築した。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 西日本高速道路
業種 高速道路の建設・保全、サービスエリア/パーキングエリア事業
導入システム SDNを用いたネットワーク環境
導入目的 ネットワークの簡素化、災害対策強化
導入時期
主な利用製品 「ProgrammableFlow Controller」「ProgrammableFlow Switch」(NEC)
関連キーワード

SDN

関連記事

NEXCO西日本、SDNを使ったネットワークを構築西日本高速道路(NEXCO西日本)は「SDN(Software-Defined Networking)」を活用したネットワークを構築した。構築を支援したNECが2014年5月7日、発表した。

PAGE TOP