[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】「世界最先端を狙う」―中国が“10京スパコン”を開発へ、ほか

2014年5月28日(水)足立 治男

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

「世界最先端を狙う」―中国が“10京スパコン”を開発へ

─人民日報(2014年5月14日)

 中国でスーパーコンピューターを製造しているSugon(曙光)が、次世代スパコンとして計算速度毎秒10京の「Sugon7000」の研究開発を近く開始すると発表した。

 Sugonは1995年に中国科学院の計算技術研究所から独立する形で設立されたベンダーで、これまで様々なスパコンの研究開発に取り組んできた。なかでも2010年に開発された計算速度毎秒1000兆のスパコン「Nebulae(星云)」が、全世界のスパコンランキングサイト「TOP500」で2位にランクされ、大きな注目を集めた。

 Sugon総裁の歴軍氏は「Sugon7000は、CPU、高速通信ネットワーク、大規模ストレージからOS、アプリケーションに至るまで、すべてを自社技術でまかなう予定である。性能、効率、技術、応用レベルのいずれにおいても世界最先端を狙うべく、グローバル市場を対象にした戦略計画を立てている」と意気込みを語った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】中国人民銀行、「ネット金融の一部は準備預金制度に該当する」との見解
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / スパコン / 知的財産

関連記事

Special

-PR-

【中国電脳事情セレクション】「世界最先端を狙う」―中国が“10京スパコン”を開発へ、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP