[IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法]

【第1回】デジタルマーケティングを可能にするデータの変遷

2014年8月6日(水)飯野正紀、生嶋友貴(アイレップ)

社内外で取得し、企業活動に利用可能なデータが急激に増え続けている。しかし、さらなる期待が高まっているマーケティング活用においては、どんなデータを収集し、分析すれば良いのだろうか?こうした疑問に答えるために、本連載では企業が利用できるデータの変遷から、活用事例、さらにこれからのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けたマーケティングとデータについて解説していく。第1回は、この10余年を見たデータの量的および質的な変化とマーケティングへの活用方法をまとめる。

“If we had computers that knew everything there was to know about things—using data they gathered without any help from us—we would be able to track and count everything, and greatly reduce waste, loss and cost.”
(ヒトの手を借りずに収集したデータを利用して、モノのすべてを知ることができるコンピュータがあれば、あらゆるモノを追跡し、計算することが可能になり、無駄、損失、そしてコストを大幅に減らすことができるだろう)=ケビン・アシュントン

 これは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の源泉であるRFID(Radio Frequency Identifier:ICタグ)の専門家ケビン・アシュントン氏による1999年の発言だ(関連記事)。それが現実になる日が近づいてきている。

 IoT化が進めば、PCやスマートフォン、タブレットといったIT機器だけではなく、自動車や家電など、これまでインターネットに接続されていなかったモノが次々とつながり、新たなデータ活用の時代が始まる。

 例えば米グーグルは2014年5月、自社で設計した自動走行が可能な小型車両「グーグルカー」を披露した。屋根に搭載したセンサーやカメラで周囲の情報を収集し、そのデータを人工知能機能を備えたコンピュータで情報を分析することで自動運転を可能にする。これが実用化されれば、“運転の無駄”を完全になくせるかもしれない。今からそう遠くない2020年ごろには実用化されるという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第1回】デジタルマーケティングを可能にするデータの変遷社内外で取得し、企業活動に利用可能なデータが急激に増え続けている。しかし、さらなる期待が高まっているマーケティング活用においては、どんなデータを収集し、分析すれば良いのだろうか?こうした疑問に答えるために、本連載では企業が利用できるデータの変遷から、活用事例、さらにこれからのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けたマーケティングとデータについて解説していく。第1回は、この10余年を見たデータの量的および質的な変化とマーケティングへの活用方法をまとめる。

PAGE TOP