グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[深化するSCM]

【第7回】日本の強み「供給力」の強化に向けたリスクマネジメント(後編)

2014年9月8日(月)アビームコンサルティング

「SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン・マネジメント)」というキーワードが登場して約30年が経つ。企業全体のコストの最適化を図るために、多くの企業がSCMに取り組んできた。しかし、先進企業は、より深部の業務課題にフォーカスし、さらなるコスト改革へ取り組んでいる。前回は、急激なグローバル化の進行による環境の変化によって「供給力」が低下していることと、4つの改革テーマの1つを紹介した。第7回は、改革テーマの2〜4を説明する。

 前回、日本企業において、「供給力」の維持が困難になってきている理由を解説し、その改革テーマとして、次の4つを挙げた。

改革テーマ1:取引国別のサプライヤー管理方法論の確立
改革テーマ2:中間品/部品への“意思入れ”計画による供給リスクへの対応
改革テーマ3:高度化したITの活用による品質安定化リードタイムの半減
改革テーマ4:リスク予知型マネジメントへのシフト

 改革テーマ1については前回に説明した。以下では、改革テーマの2〜4のそれぞれについて、取り組みの考え方と要点を述べたうえで、ITがどのように貢献できるのかについて説明していく。

改革テーマ2:中間品/部品への「意思入れ」計画による供給リスクへの対応

図1:製造業における4つの生産方式の違い図1:製造業における4つの生産方式の違い
拡大画像表示

 サプライチェーンが複雑化し、かつ、顧客要求納期がより一層厳しくなる中、製造各社は、顧客への納入リードタイムを短縮する必要に迫られている。そのため多くの企業は、「ATO(Assemble to Order)」と呼ばれる生産方式を採用している(図1)。部品の調達や中間品の生産までを事前に進めておき、受注後に製品を最終的に組み立てる方式だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】品質が安定するまでの時間をITで短縮する
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
深化するSCM一覧へ
関連記事

【第7回】日本の強み「供給力」の強化に向けたリスクマネジメント(後編)「SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン・マネジメント)」というキーワードが登場して約30年が経つ。企業全体のコストの最適化を図るために、多くの企業がSCMに取り組んできた。しかし、先進企業は、より深部の業務課題にフォーカスし、さらなるコスト改革へ取り組んでいる。前回は、急激なグローバル化の進行による環境の変化によって「供給力」が低下していることと、4つの改革テーマの1つを紹介した。第7回は、改革テーマの2〜4を説明する。

PAGE TOP