[基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜]

【第4回】EDIにおけるドキュメント交換プロセス

2014年12月18日(木)Rochelle P. Cohen(ロシェル・コーエン)

通信ネットワークの広がりにより、企業の取引形態は大きく変化しました。今日のビジネス環境において、B2B統合は成功への鍵です。実際のところ、電子的に取引ができない場合、多くの企業は貴社とのビジネスを行わないでしょう。前回は、EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)のメリットについて説明しました。今回は、EDIの定義を再確認するとともに、EDIのプロセスについて説明します。

【この記事で習得できる内容】

・EDIの定義
・ドキュメントを送受信するためのEDIプロセスの仕組み


 企業間(B2B)電子商取引(eコマース)は、多くの利益をもたらしてくれる世界中のビジネスパートナーとのコミュニティの統合を実現してきました。そのためのツールが、EDIであり、XML(拡張マークアップ言語)やオンラインカタログです。

EDI標準は利用者とシステム提供者が共同で策定

 ここで改めてEDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)とは何かを考えてみましょう。EDIは、次のように定義されます。

小売業とそのサプライヤー、銀行とその企業クライアント、自動車メーカーとその部品サプライヤーなど、それぞれのビジネスパートナーとの間で標準の電子フォーマットの発注書やインボイスといったビジネスドキュメントをコンピュータとコンピュータの間で交換すること、その仕組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】社内データをEDIフォーマットにマッピングする
  • 1
  • 2
バックナンバー
基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜一覧へ
関連記事

【第4回】EDIにおけるドキュメント交換プロセス通信ネットワークの広がりにより、企業の取引形態は大きく変化しました。今日のビジネス環境において、B2B統合は成功への鍵です。実際のところ、電子的に取引ができない場合、多くの企業は貴社とのビジネスを行わないでしょう。前回は、EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)のメリットについて説明しました。今回は、EDIの定義を再確認するとともに、EDIのプロセスについて説明します。

PAGE TOP