[ものづくりからことづくりへ、製造業に迫るサービス化の波]

【第12回】サービスの新潮流(2)IoT(Internet of Things:モノのインターネット)

2014年12月16日(火)山田 篤伸(PTCジャパン)

第7回までに、製造業のアフターサービスの進化の流れを追いながら、ITの仕組みを使ってアフターサービス事業を効率化する方法を見てきた。第8回から第10回では、アフターサービスから真のサービスへビジネス構造をシフトする際に、多くの組織が直面するカベと、そのカベを乗越えるためのヒントを説明した。前回は、今後一般化すると思われるサービスの最新トレンドとして「オムニチャネル」を紹介した。今回は、もう1つの最新トレンドである「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を取り上げる。

 ARPA(Advanced Research Projects Agency:米高等研究計画局、現DARPA:Defense ARPA:米国防高等研究計画局)で産声をあげたインターネット。しばらくはサーバーやPCといった高度な演算処理能力を持つコンピューター機器だけが接続されていた。2000年以降に携帯電話やスマートフォンが急速に普及するに伴い、インターネットには現在、コンピューター以外の機器が多数つながっている。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代の本格的な幕開けである。

技術革新によるデバイスの常時接続がIoTの幕を開けた

 メーカー各社はこれまでも、製品の稼働状況を把握するために、多数のセンサーやモニターを製品に搭載してきた。しかし、従来はデータを効率よくネットワークを介して転送する術がなく、費用がかかる固定回線/携帯回線を用意するか、現場に赴いてデータを物理的に吸い上げるしか方法がなかった。結果、メーカーは製品の稼働状況をリアルタイムには取得できなかった。

 せっかく機器がスマートになり様々な情報を検知できるようになっているにもかかわらず、データをリアルタイムで把握・分析し、製品開発やサービスには活かせなかったわけだ。

図1:IoTをサービスに活かそうとする企業が構築したシステムの画面例図1:IoTをサービスに活かそうとする企業が構築したシステムの画面例
拡大画像表示

 それが近年は、Wi-FiやBluetoothをデバイス向けに省電力で接続するための規格が相次いで実用化段階に達し、製品をワイヤレスでネットにつなぐための技術的な目処が立ってきた。実際、多くの製品がインターネットに直接つながるようになってきた。それに伴い、IoTをサービスに活かそうとする企業の取り組みも増えている(図1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】サービス業務には多数の効果が期待できる
  • 1
  • 2
バックナンバー
ものづくりからことづくりへ、製造業に迫るサービス化の波一覧へ
関連記事

【第12回】サービスの新潮流(2)IoT(Internet of Things:モノのインターネット)第7回までに、製造業のアフターサービスの進化の流れを追いながら、ITの仕組みを使ってアフターサービス事業を効率化する方法を見てきた。第8回から第10回では、アフターサービスから真のサービスへビジネス構造をシフトする際に、多くの組織が直面するカベと、そのカベを乗越えるためのヒントを説明した。前回は、今後一般化すると思われるサービスの最新トレンドとして「オムニチャネル」を紹介した。今回は、もう1つの最新トレンドである「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を取り上げる。

PAGE TOP