[新製品・サービス]

富士通、運輸業の安全運転を支援するウェアラブルセンサーを発売

2015年1月20日(火)IT Leaders編集部

富士通は2015年1月19日、運輸業における安全運転を支援するために、ドライバーが装着するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(以下、FEELythm)」を2月から発売すると発表した。ドライバーの脈波などから眠気の傾向を検知する。バスやトラック、タクシーなど種々の業態で利用できるという。

FUJITSU Vehicle ICT FEELythmFUJITSU Vehicle ICT FEELythm
拡大画像表示

 「FEELythm」は、約90gの本体を首にかけ、イヤークリップセンサーを耳に装着する形のウェアラブルセンサー。富士通研究所が開発した独自アルゴリズムで眠気を検知して、ドライバーに音声または振動で通知する。長距離運行での利用を想定し、5日間(1日の最長運転時間を9時間に設定)の連続使用が可能なバッテリーを搭載している。

 センサーで取得するのは、脈波や自律神経状況などのバイタルデータである。個人差や機器の個体差を調整し、基準値のずれを修正する自動キャリブレーション機能と、学習機能により、精度のばらつきを解消する。デジタルタコメーターなどの車載機と接続し、運行管理システムと連携させれば、運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムに確認できるため、客観データに基づく適切な指示を出せるようになる。

 将来的には、疲労やストレス、緊張状態などの検知データを蓄積し、ハザードマップに適用する。事前に危険を予測し運輸安全マネジメントの向上につなげられるという。

 出荷は3月から。価格はシステムごとの個別見積もりで、導入費用と保守費用が別途必要になる。今後3年間に7万台の販売を目指す。
 

関連記事

富士通、運輸業の安全運転を支援するウェアラブルセンサーを発売富士通は2015年1月19日、運輸業における安全運転を支援するために、ドライバーが装着するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(以下、FEELythm)」を2月から発売すると発表した。ドライバーの脈波などから眠気の傾向を検知する。バスやトラック、タクシーなど種々の業態で利用できるという。

PAGE TOP