CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[経営とITを結ぶビジネスアナリシス〜BABOK V3の基礎知識〜]

【第4回】「要求アナリシスとデザイン定義」と「要求のライフサイクル・マネジメント」=チェンジにより差別化を実現する

2015年10月9日(金)庄司 敏浩(IIBA日本支部支部活動活性化委員会委員長)

第3回では、要求の引き出しを実施することで、真のニーズを把握できることを説明した。真のニーズの把握なしに、対処すべき問題または機会を知ることはできない。次に行うべきは、ニーズを満たすための具体的な方法、すなわち組織を取り巻く問題または機会に対処するためのソリューションを導き出すことだ。特に競争環境にある組織では、チェンジにより差異化を図りたいというニーズがある。そのために重要な役割を果たす知識エリアである「要求アナリシスとデザイン定義」と「要求のライフサイクル・マネジメント」について説明する。

 「顧客に言われた通りに作ったのに・・・」−−。こんな気持ちを抱いたことが読者にも少なからずあるのではないだろうか。

 情報システムを構築する際には、まず要件定義を実施し、定義された要件に基づいてシステムを開発する。開発者は、「おっしゃる通りに作りました」と納品するわけだが、それがなぜか「こんなシステムを作ってくれと頼んだ覚えはない」と顧客に受け入れを拒否されることがある。あるいは、システム構築の過程で、「どうも自分たちのイメージと合わない」と仕様の変更が何度も繰り返され、プロジェクトが混乱に陥ってしまう。なぜ、このようなことが起こるのか。

 要件定義書には、承認印が押されている。開発者は、この要件定義書の承認を盾に、顧客に自分たちが開発したシステムを受け入れるよう迫ることがよくある。 第3回で説明した「引き出しの結果を確認する」というタスクでは、「ステークホルダーの合意を確認することは非常に重要だ」と指摘した。そこで、読者に考えていただきたい。果たして、承認印を押してもらった要件定義書に記載された内容は、互いに合意が取れているといえるのだろうか?

 合意とは、相手が納得した上で、「YES」と言ってもらうことだ。相手の納得を得るには、その内容を正しく理解してもらわなければならない。顧客は要件定義書の内容を正しく理解して納得しているのだろうか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】要求アナリシスとデザイン定義は6つのタスクからなる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
経営とITを結ぶビジネスアナリシス〜BABOK V3の基礎知識〜一覧へ
関連記事

【第4回】「要求アナリシスとデザイン定義」と「要求のライフサイクル・マネジメント」=チェンジにより差別化を実現する第3回では、要求の引き出しを実施することで、真のニーズを把握できることを説明した。真のニーズの把握なしに、対処すべき問題または機会を知ることはできない。次に行うべきは、ニーズを満たすための具体的な方法、すなわち組織を取り巻く問題または機会に対処するためのソリューションを導き出すことだ。特に競争環境にある組織では、チェンジにより差異化を図りたいというニーズがある。そのために重要な役割を果たす知識エリアである「要求アナリシスとデザイン定義」と「要求のライフサイクル・マネジメント」について説明する。

PAGE TOP