[新製品・サービス]

営業車両の運行管理をIoTで手軽に実現するトライアルパック―NTT Com

2016年4月12日(火)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年4月11日、営業車両の運行管理を手軽に可能にする、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)トライアルパック「Connected Vehicle」の提供を開始した。運行日報の効率化や交通事故の削減をIoTで支援する。

 「Connected Vehicle」は、通信機能やGPS機能を内蔵した小型車載器を車両に設置することで、運行日報や運転傾向分析、車両稼働実績などをWebアプリケーション上で閲覧、管理できるようにする。車両運行状況の管理や安全運転の確保が容易になるほか、交通事故削減による事故処理費用や自動車保険料などの関連コスト削減、エコドライブによる燃料費削減にもつなげられる。

 スマートバリューのテレマティクス分野向けM2M(Machine to Machine)/IoT(Internet of Things)サービス「CiEMS 3G」を採用し、NTT Comのモバイルサービスやクラウドサービスと組み合わせて、包括的なサービスとして提供する。

 運行日報や運転成績表、車両稼働実績、ヒヤリハットマップ、車両所在マップなど、総務の車両管理担当者が必要とする機能を、Webアプリケーション上で提供する。これらのレポートは、車載器から収集した運転データ(走行時間、走行速度、位置情報、距離、燃費、急アクセル/急ブレーキ、アイドリング時間など)を基に、IoTを活用して自動で作成する。

 規定速度の超過、急アクセル/急ブレーキ、長時間のアイドリングなどが発生すると、所定の管理者に通知メールを送信する。これにより、Web画面を常に監視していなくても、危険な運転を把握できる。

 車載器は、車両の運転席下部にあるOBDコネクター(車両の故障診断用コンピューターに接続するための端子)に容易に設置でき、即座にサービスを利用開始できる。取り付け業者の手配や、車両の利用時間の調整などは不要だ。車両入替の際も、新しい車両に車載器を差し替えることで継続して利用できる。

 車載器やWebアプリケーション、モバイル回線などをパッケージ化し、NTT Comが一括で提供する。今後、同社のクラウド基盤上に同サービスを展開することで、より柔軟性、拡張性の高いIoT製品として提供していくとしている。Connected Vehicleのトライアル期間は1カ月で、利用料金は無料。

 NTT Comは、2016年夏の本格提供開始を視野に、サービス機能の拡充に取り組む。また、今後は営業車両管理以外のメニューについても拡大を検討していくという。

関連記事

営業車両の運行管理をIoTで手軽に実現するトライアルパック―NTT ComNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年4月11日、営業車両の運行管理を手軽に可能にする、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)トライアルパック「Connected Vehicle」の提供を開始した。運行日報の効率化や交通事故の削減をIoTで支援する。

PAGE TOP