[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

IoTを支えるネットワークの姿、SDN/NFVやモバイルがカギに

2016年5月16日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイスの数が増えることで、エッジコンピューティングなど分散処理の流れが加速することを前回、述べた。コンピューティングやネットワークトラフィックの集中による課題を解決するためである。今回は、IoTのつながりを実現するためのネットワークの進化に焦点を当ててみたい。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の普及に向けては、ネットワークにも対応が求められる。デバイスの接続やトラフィック量の変化はもとより、IoT活用のために必要なサービスレベルを実現するためには、現在のネットワークでは不十分だからだ。

図1:IoT時代に向けたネットワークの進化の目標図1:IoT時代に向けたネットワークの進化の目標

 こうした要求に対し、ネットワークは今、図1に挙げる目標を掲げ進化しようとしている。

 これらを実現するための中核技術となるのが、SDN(Software Defined Network)やNFV(Network Function Virtualization)と呼ばれるネットワークの仮想化である。機器自身や機器が持つ機能を仮想化することによって、柔軟性や拡張性を実現するとともに、ネットワーク資源のより効率的な共有を可能にする。ネットワークの仮想化が実現できていないと、仮想サーバーの増設やアプリケーションのサーバー移行時に発生するネットワークの変更や機器の増設が、システム全体の柔軟性や拡張性のボトルネックになってしまう。

 まずSDNは、ネットワークの伝送制御と伝送のインフラを分割して実装する。制御部分をソフトウェア化することで、ネットワークの構成や設定を動的に変更できるようにする。制御と伝送インフラを1つのハードウェアに搭載するルーターやスイッチといったアプライアンスに比べ、柔軟性や拡張性を大幅に改善できる。制御部分と伝送インフラ部分の分離によりコモディティなハードウェアを使った実装と、仮想化による1つの機器の共有が可能になるため、CAPEX(Capital Expenditure:設備投資費用)/OPEX(Operating Expense:運用費用)の削減につながる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IoTの広域展開にはモバイルネットワークが不可欠
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

IoTを支えるネットワークの姿、SDN/NFVやモバイルがカギにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイスの数が増えることで、エッジコンピューティングなど分散処理の流れが加速することを前回、述べた。コンピューティングやネットワークトラフィックの集中による課題を解決するためである。今回は、IoTのつながりを実現するためのネットワークの進化に焦点を当ててみたい。

PAGE TOP