[イベントレポート]

WANも「Software-Defined」の時代へ、ポリシーベースで運用管理をシンプルに

Riverbedが米国開催イベントで戦略製品発表

2016年11月1日(火)高橋 正和(フリーランスライター)

 WAN(Wide Area Network)最適化などのソリューションを手掛けるRiverbed Technologyは2016年9月、プライベートイベント「Riverbed Disrupt」を米ニューヨークで開催した。それに合わせ、「SteelConnect」の新バージョンなど、SD-WAN(Software Defined WAN)に関連した各種ソリューションを一度に発表した。主なトピックを紹介しよう。

 今回のイベントが「Disrupt」─破壊的イノベーション(Disruptive Innovation)などに由来する言葉─という名称だったことが象徴するように、Riverbedは会期に合わせた一連の発表を、企業のデジタルトランスフォーメーションに向けた技術と位置づけている。

Riverbedの Subbu Iyer氏(SVP and CMO)

 業種を問わず、ビジネスとITは渾然一体になり、収益力や競争力を大きく左右するようになってきているのは周知の通り。基調講演に登壇した同社のSubbu Iyer氏(SVP:Senior Vice-President 兼 CMO:Chief Marketing Officer)は、ビジネスの俊敏性を高めるために、クラウドやアジャイル開発でアプリケーションをクイックにリリースしていくことの重要性がにわかに高まっていることに触れた上で、「しかしながら、ITのインフラ、特にネットワークはそれに全く追従できていない」と語気強く指摘した。

Riverbedの Paul O'Farrell氏(SVP and GM)

 同じく基調講演の壇上に立ったPaul O'Farrell氏(SVP 兼 GM:General Manager)は、グローバル拠点間のWAN接続について、2000年代初期と現在を比較。現在は、クラウドやモバイルなども含みながら複雑性が増し、セキュリティ面は後手に回り、予測不能に陥っていることを強調した。だからこそ求められているのは、シンプルで、自動化されており、ポリシーベースで管理できるネットワークだとO'Farrell氏は述べ、それを具現化するのがRiverbedのSD-WAN(Software Defined WAN)だと位置付けた。

SD-WAN製品「SteelConnect 2.0」

RiverbedのCEO Jerry Kennelly氏

 会期に合わせて発表した「SteelConnect 2.0」は、そのSD-WANの中核となる製品である。SteelConnectは2016年1月に買収した独Ocedo社の技術をベースにしており、4月に1.0をリリース済みだ。インタビューに応じたCEO(Chief Executive Officer)のJerry Kennelly氏は「1.0は買収した製品そのままだったが、2.0ではRiverbedの技術と統合・連携させて大規模に対応できるよう作り変えた」と説明。SD-WAN製品は各社からもリリースされている状況にあるが、他社製品との違いについて、Kennelly氏は「当社はWANの領域で20年の経験がある。大規模構成に適用する豊富なノウハウを有し、それらを製品に実装している点でアドバンテージがある」と実績を強調した。

SteelConnect Managerから各種設定をするデモ
拡大画像表示

 SteelConnectで何ができるかについては、O'Farrell氏の基調講演の中でデモが披露された。特に印象的だったのは、中央の管理者がSteelConnect ManagerのGUI上で、世界中の拠点の設定ができること。各拠点においては、アプライアンス機器をつなぐだけで煩雑な設定をすることなくWANにつなげることができる。同社はこれを「ゼロ・タッチ・プロビジョニング」と表現している。

 また、設定においては個々のパラメータではなくポリシーベースで対処できるのが特徴だ。例えば近年、WANの運用においてはインターネットVPNの他に、より柔軟性に富んだMPLS(Multi Protocol Label Switching)が採用されるようになってきている。双方の優先順位を設定しておいて、MPLS接続のある拠点であればMPLSを使うといった包括的な設定ができるほか、VoIPはMPLSを使うといったアプリケーションにもとづいた設定もできる。こうしたルールをあらかじめ用意しておくことで、多数の拠点に配布して設定できることが大きな特徴だ。そのほか、クラウドにも対応。SteelConnectと同じ技術で“コーヒを飲むぐらいの時間で”WANに入ることができることもデモされた。

SteelConnect 2.0の変更点
拡大画像表示

 SteelConnect 2.0では、前述のとおり、Ocedo製品のほぼそのままだった1.0に比べてRiverbedとしての手が加わっている。Iyer氏へのインタビューによると「大規模企業に対応するスケーラビリティが最大の特徴」だという。その一つにネイティブ・ダイナミックルーティング機能がある。従来は1対1で接続するため、たとえば東京に本社がある場合、ニューヨークとサンフランシスコの支社で通信するには一度東京本社を経由していた。これが、東京を経由せずに直接通信できるようになるという。また、2.0ではRiverbedの製品ファミリとの連携が強化された。WAN最適化製品SteelHeadと連携して自動的に最適化する機能や、パフォーマンス監視・管理製品SteelCentralとの連携などが挙げられている。

 同時に、WANのエッジ用アプライアンス製品SteelFusionについても、クラウド向けソリューションが2つ発表された。まず、クラウド上での提供について、これまでのAWSとMicrosoft Azureに加えて、IBMクラウドにも対応。また、ソフトウェアのバーチャルアプライアンスとして提供する「SteelFusion Edge Virtual Edition」も発表された。

トータルでパフォーマンスを管理するSteelCentral Atenity

SteelCentral Atenityの概要
拡大画像表示

 パフォーマンス監視・管理製品「SteelCentral」のラインナップ拡充も発表し、デモも披露した。新製品「SteelCentral Atenity」は、アプリケーションが動作する時の、さまざまな構成要素のパフォーマンスをエンドツーエンドで計測して管理するもの。基調講演におけるMike Sargent氏(SVP 兼 GM)の説明によると、「特に、企業向けモバイルアプリケーションを主な対象としており、クライアントデバイスからネットワーク、インフラ、アプリケーション自身など、どこにボトルネックがあるかを可視化して対応できるようにする」のが売りである。なお、SteelCentral Atenityは、7月に買収したAtenity社の技術が元になっている。「SteelCentralに足りなかった部分を買収によって追加した」(Iyer氏)という位置付けだ。

 また、同時に「SteelCentral SaaS」も発表され、β版がリリースされた。文字どおりSteelCentralのSaaS版であり、クラウド上で動作することによりクラウド上のアプリケーションのパフォーマンス監視ができる。2016年度第4四半期に正式リリースとなる予定だ。

SD-WANを拠点に適用するために規模別の基本モデルを用意

 こうしたSD-WANソリューションを拠点に適用するための基本構成として発表したのが「Riverbed Cloud-Ready Branch」だ。「Essential」「Advanced」「Advanced Plus」の3種類のエディションに分けて、ソリューションの組み合わせをパッケージ化して提供するものだ。

iverbed Cloud-Ready Branchの3種のエディション
拡大画像表示

 EssentialはSD-WANの基本機能を提供するもので、SD-WAN機能とネットワークパフォーマンス監視が含まれる。Advancedは、より大きな企業向けで、Essentialに加えてWAN最適化の機能が含まれる。Advanced Plusは、さらに大きな構成に向けたもので、Advancedに加えて拠点のデータサービスや拡張可能なサービスプラットフォームを提供する。

 イベントではこのほか、デモのセッションや、各技術に関するブレークアウトセッションなど豊富なプログラムが組まれ、多くの来場者が最新情報を入手すべく会場を駆け巡っていた。

 Riverbedは2015年にADC(Application Delivery Controller)/ロードバランサー製品のSteelAppをBrocadeに売却した一方で、2016年にOcedoとAtenityを買収して、今回の発表につながった。SteelAppは2011年に買収したZeus Technology社の技術だったが、Riverbedの中核であるWAN最適化とのシナジーは大きくなかったといわれている。

 それに対して、Ocedoの技術によるSteelConnectは、WANの管理性をレベルアップするソリューションだ。また、Atenityの技術によるSteelCentral AtenityはSteel Centralのネットワークパフォーマンス監視ではできなかった部分を補うソリューションだ。いずれもこれまでのRiverbedソリューションとの組み合わせが生きてくる分野だ。このように、RiverbedにとってのSD-WANとはネットワーク管理を線から面に拡張し、単体の回線や機器ではなく全体を管理する試みだといえるだろう。
 

関連記事

Special

-PR-

WANも「Software-Defined」の時代へ、ポリシーベースで運用管理をシンプルに  WAN(Wide Area Network)最適化などのソリューションを手掛けるRiverbed Technologyは2016年9月、プライベートイベント「Riverbed Disrupt」を米ニューヨークで開催した。それに合わせ、「SteelConnect」の新バージョンなど、SD-WAN(Software Defined WAN)に関連した各種ソリューションを一度に発表した。主なトピックを紹介しよう。

PAGE TOP