[エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0]

エンタープライズ2.0とサーチ

2007年10月2日(火)

過去から現代に至る情報量の増大過程において、現時点においてすでに「情報の爆発」が起こっている。「情報の爆発」によっていったい何が起ころうとしているのだろうか。おそらくこの現象が、エンタープライズ2.0のすべての根元だと考えられる。 通常の手段では管理できないほどの情報が溢れ、そこから有意な情報を見つけ出す、あるいは発見するために検索、ここでは特にエンタープライズサーチが有効な手段であることを紹介する。

エンタープライズ2.0の背景

まず、過去から現代に至る情報量の増大過程を見ておこう。この図は、UCバークレーが毎年出している「デジタルコンテンツの伸び具合」を示した資料である。最初は紀元前からスタートして、文字や紙が出てくる。いわゆる紙の世界から始まって、現時点において「情報の爆発」が起こっている。図に示されている「情報の爆発」とは一体何なんだ(何が起ころうとしているのか)というところが、エンタープライズ2.0のすべての根元だと考えられる。

図 情報爆発

今、インターネットで1人がブログを立ち上げた時点で、世界の情報量の増加に貢献することになる。印刷機械が世界中に普及するまでに100年近くかかっているのに比べ、現代は、すさまじいスピードで情報量が肥大している。膨大な情報量が与える影響がどれだけ大きいのかということは、私たち自身が実感していると思う。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
バックナンバー
エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0一覧へ
関連記事

エンタープライズ2.0とサーチ過去から現代に至る情報量の増大過程において、現時点においてすでに「情報の爆発」が起こっている。「情報の爆発」によっていったい何が起ころうとしているのだろうか。おそらくこの現象が、エンタープライズ2.0のすべての根元だと考えられる。 通常の手段では管理できないほどの情報が溢れ、そこから有意な情報を見つけ出す、あるいは発見するために検索、ここでは特にエンタープライズサーチが有効な手段であることを紹介する。

PAGE TOP