プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[市場動向]

【総論】プラットフォーム革新の最新事情 - 進化するITプラットフォーム Part2

2009年6月11日(木)

サーバーからストレージ、ネットワークまで サーバー、ストレージ、ネットワークまで、企業情報システムを支えるITプラットフォームの進化が止まらない。PART2では、「統合と拡張」をキーワードに機能強化が進む、プラットフォームの最新動向をまとめる。 (編集部)

全体動向
「統合と拡張」に向け新製品が相次ぐ

ITプラットフォームを構成するサーバーとストレージ、ネットワークが、ある方向に向かって一斉に進化している。その方向とは「統合と拡張」だ。

進化を支えるのは、ITプラットフォームのあらゆる領域に浸透しつつある「仮想化技術」。企業内に散在するサーバーやストレージ、ネットワーク機器を適切な形で統合可能にし、拡張性も担保する。それによってシステム資源の使用効率や可用性を高め、IT投資コスト削減を可能にする─そんなアプローチである。

行きつく先には、プラットフォームの構成を特段意識することなく、必要な時に必要なだけの資源を調達できる「インターナルクラウド」、あるいは「クラウドコンピューティング」を見据えている(図2-1)。

PDF画像をクリックでPDFをダウンロードできます。
日本におけるITインフラ技術のハイプ・サイクル
図2-1 日本におけるITインフラ技術のハイプ・サイクル:2009年(出典:ガートナー ジャパン 2009年3月19日)

まずサーバー。2009年3月から4月にかけて、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード(HP)、デルという外資系大手、日立製作所、富士通、NECの国産大手などが、相次ぎブレードサーバーの新製品を発表した。インテル製の最新プロセサ「Xeon5500シリーズ」を採用し、搭載可能なメモリー容量を増やしたなど性能の高さが共通点。だが、それ以上に「仮想化によるシステム統合、結果としてのITコストの削減」が共通のうたい文句だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【総論】プラットフォーム革新の最新事情 - 進化するITプラットフォーム Part2サーバーからストレージ、ネットワークまで サーバー、ストレージ、ネットワークまで、企業情報システムを支えるITプラットフォームの進化が止まらない。PART2では、「統合と拡張」をキーワードに機能強化が進む、プラットフォームの最新動向をまとめる。 (編集部)

PAGE TOP