プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

【Nehalem実力検証!】プラットフォーム革新のエンジン-Xeon5500シリーズの実力 - 進化するITプラットフォーム Part3

2009年6月12日(金)

アーキテクチャと性能検証から実力を見る 「サーバー・プラットフォーム革新のエンジン」と言えるのが、2009年4月に登場したインテルのプロセサ「Xeon5500シリーズ」だ。プロセサ単体での性能向上はもとより、仮想化環境をハードウェアで支援している点も見逃せない。ここではXeon5500シリーズのアーキテクチャの解説と、ベンチマークによる検証結果を報告する。

Xeon5500シリーズを支える5つのテクノロジー

下野 文久
インテル
マーケティング本部 ソフトウェア・エコシステム・マーケティング 統括部長

インテルが2009年4月に発表した「Xeon5500シリーズ」は、主に「高性能化」、「仮想化支援」、「省電力化」の3つを長所に打ち出している。では具体的に、どんな技術を備えているのか。注目すべき技術は、(1)QuickPathテクノロジー、(2)バーチャライゼーション・テクノロジー、(3)ターボ・ブースト・テクノロジー、(4)ハイパースレッディング・テクノロジー、(5)インテリジェント・パワー・テクノロジー、の5つである。多くは、既存プロセサに実装済みだが、Xeon5500シリーズでは完成度が高まっているのが特徴だ。以下、各技術を紹介しよう。

(1) メモリー・アクセスを高速化
複数の仮想マシン構築を支援

Xeon5500シリーズをプロセサ単体で見たとき、内部構造を以前の「Coreマイクロアーキテクチャ」から「Nehalemアーキテクチャ」に一新。同時にメモリーコントローラをプロセサに内蔵した。これによりメモリーへのアクセス速度を高めた。利用するメモリーの規格も5400シリーズのDDR2から、5500シリーズではより高性能なDDR3に変更した。搭載できる最大メモリー容量も128GBから144GBになり、例えば複数の仮想マシン環境を構築した際でも、メモリー不足による性能劣化を低減できる。

上述した「QuickPathテクノロジー」は、プロセサ同士、およびプロセサとI/Oを制御するコントローラ間の接続機構だ。これまでの「FSB(フロント・サイド・バス)」の帯域幅(最大12.8GB/秒)よりも広帯域(最大25.6GB/秒)であり、メモリー帯域幅の向上と相まって、システム性能の向上に直結する。

(2) 仮想化環境をハードウェアでサポート

ハードウェアレベルで仮想化環境を支援する「バーチャライゼーション・テクノロジー(VT)」を採用した。これまでもVTを採用したプロセサはあったが、5500シリーズでは完成度が高まっている。仮想化環境での性能が向上したほか、VTの付加機能として「VT FlexMigration」を備える。これはXeon 5500シリーズと、異なる世代(旧世代)のXeonプロセサを搭載するサーバーの間で、仮想環境を停止させることなく移行させる、「ライブ・マイグレーション」と呼ばれる機能である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Nehalem実力検証!】プラットフォーム革新のエンジン-Xeon5500シリーズの実力 - 進化するITプラットフォーム Part3アーキテクチャと性能検証から実力を見る 「サーバー・プラットフォーム革新のエンジン」と言えるのが、2009年4月に登場したインテルのプロセサ「Xeon5500シリーズ」だ。プロセサ単体での性能向上はもとより、仮想化環境をハードウェアで支援している点も見逃せない。ここではXeon5500シリーズのアーキテクチャの解説と、ベンチマークによる検証結果を報告する。

PAGE TOP