[Gartner’s Eye]

「一手先」の未来を読むIT戦略パターン・ベースト・ストラテジー(第1回)

2009年10月6日(火)

企業は先行き不透明な経営環境を受け入れ、競合他社より一手でも先を読んだ戦略を打たねばならない。その実現に向け、IT活用は新たなステージへと踏み込む必要がある。その1つが、社内外の膨大なデータの海から機会と危険を予見できる情報を探知し、行動に直結させる「パターン・ベースト・ストラテジー(PBS)」である。

世界的な景気低迷を受けて、多くの企業が徹底したコスト削減に取り組んでいる。だがその一方で、景気回復後に備えて今のうちから必要なIT投資を進めておく必要もある。この相反する両者のバランスを見極める適切な判断が、いま経営トップに求められている。

とはいえ、将来、経済が好転したとしても、また突然急落するかもしれない。今日のような不確実性の高い“視界ゼロ” の経済環境が半ば「常態」になると仮定するならば、経営者がITに求める価値もおのずと変わってくる。

企業経営とITの関係を振り返ると、今日までに大きく5つのモデル(時代)を経てきた(図)。

図 5つの世代に分かれるITの価値と情報のあり方
図 5つの世代に分かれるITの価値と情報のあり方(画像をクリックで拡大)

商用コンピュータが世に登場した1950年代以降しばらくは、「定常業務の自動化・省力化」によるコスト削減に重点があった。ERPなどの業務アプリケーションの登場により90年代前半からITの貢献範囲は、効率偏重から効果・生産性・意思決定支援などへ多様化。コンピュータ内の経営情報を重視する姿勢が企業に生まれた。90年代後半のインターネットの到来は本格的な「デジタル情報」時代の幕開けで、それは2005年のWeb2.0の台頭でさらに高度化した。そして今、モデルは5番めの「情報のパターン化による最適活用」へと至っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner’s Eye一覧へ
関連記事

「一手先」の未来を読むIT戦略パターン・ベースト・ストラテジー(第1回)企業は先行き不透明な経営環境を受け入れ、競合他社より一手でも先を読んだ戦略を打たねばならない。その実現に向け、IT活用は新たなステージへと踏み込む必要がある。その1つが、社内外の膨大なデータの海から機会と危険を予見できる情報を探知し、行動に直結させる「パターン・ベースト・ストラテジー(PBS)」である。

PAGE TOP