[新製品・サービス]

SCS、ソフトウェア・ロードバランサを搭載したアプライアンス製品を販売開始

2009年10月26日(月)

住商情報システム(SCS)は2009年10月26日、米国サン・マイクロシステムズ社のサーバ製品「Sun SPARC Enterprise Tシリーズ」サーバに、Zeus Technology社のソフトウェア・ロードバランサ製品「ZXTM LB」を搭載した独自アプライアンス製品の販売を開始すると発表した。

SCSは、高性能かつ高機能なL7ソフトウェア・ロードバランサである「ZXTM LB」を、信頼性に優れ、多くの販売実績を有する、「Sun SPARC Enterprise Tシリーズ」サーバに搭載することにより、低コストかつ高性能・高機能・高可用性を実現したアプライアンス製品を開発。クラウドコンピューティング対応の他社同等製品と比較し、2分の1の価格で3倍のスループットを実現するという(同社調べ)。

同製品の特長は以下のとおり。

  1. UltraSPARC T2プロセッサ(最大で8つのコア)を活用することでスループットの高速化を実現
  2. サーバ及びオペレーティング・システム(Solaris10)が標準で提供する仮想化テクノロジーにより、同一筐体上で複数の仮想ロードバランサの構築が可能
  3. トラフィック状況に応じ、仮想ロードバランサに割り当てるマシンリソースを変化させることで、柔軟かつ効率的な運用が可能
  4. ZXTM LBが標準で提供するSSLアクセラレーション機能と、サーバに標準搭載(オン・チップ化)された暗号化処理機構により、SSLの高速処理を実現

同製品の販売価格は、「ZL 5000」(最小システム構成)が1台あたり248万円(税別)。同社は同製品の販売目標を、初年度30台としている。


住商情報システム
http://www.scs.co.jp/

 


 

関連記事

SCS、ソフトウェア・ロードバランサを搭載したアプライアンス製品を販売開始住商情報システム(SCS)は2009年10月26日、米国サン・マイクロシステムズ社のサーバ製品「Sun SPARC Enterprise Tシリーズ」サーバに、Zeus Technology社のソフトウェア・ロードバランサ製品「ZXTM LB」を搭載した独自アプライアンス製品の販売を開始すると発表した。

PAGE TOP