[最前線]

グローバルERP導入の勘所—業務の標準化を徹底 各拠点の「手離れ」に知恵絞る

2010年1月13日(水)

欧米企業の多くは、世界各国に展開するグループの全拠点に共通のグローバルERPを導入し活用している。 海外拠点に対して強い統制をかけることに消極的だった日本企業においても近年、「ITをテコにグループ内のガバナンスを強化したい」という声が高まっている。 本稿では、グローバルERPを導入する際のポイントを解説する。

国内の景気回復が思うように進まず、企業にとって海外拠点の重要性がより高まっている。特に、中国をはじめとする東アジア、シンガポールやタイを中心とした東南アジア、さらにインドでのビジネス進展に期待する企業は多い。

こうした経営環境のなか、企業のシステム担当者から「グローバルでのガバナンスを強化したい」という相談を受けることが増えている。それに対する筆者の提案の1つが、グローバルERPの導入である。その理由について述べる前に、ここではまず、海外に拠点を持つ日本企業におけるガバナンスの現状について見ていく。

拠点任せのシステム化でビジネス継続性に黄信号

従来、日本企業の本社システム部門は、海外拠点のシステムにあまり関与してこなかった。このため、日本企業の海外拠点では、担当者が自力で情報を収集したうえで限られた予算を割き、販売や生産といった業務ごとに様々なベンダーのパッケージソフトを導入してシステムを構築してきた。表計算ソフトを駆使した手作りのツールを使い続けているところも少なくない。

これは、日本企業が海外拠点の自立性を尊重してきたことのあらわれだろうし、筆者は様々な企業の海外拠点がそれぞれ業務効率化のために注いできた努力を否定するものでは決してない。しかし、結果的にはグループ内に異なるシステムやツールが拠点の数以上混在することになってしまった。その弊害は大きい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

グローバルERP導入の勘所—業務の標準化を徹底 各拠点の「手離れ」に知恵絞る欧米企業の多くは、世界各国に展開するグループの全拠点に共通のグローバルERPを導入し活用している。 海外拠点に対して強い統制をかけることに消極的だった日本企業においても近年、「ITをテコにグループ内のガバナンスを強化したい」という声が高まっている。 本稿では、グローバルERPを導入する際のポイントを解説する。

PAGE TOP