[河原潤のITストリーム]

石狩データセンター計画が示す「日本のデータセンターの生きる道」:第18回

2010年6月23日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

 所有型のITから利用型のITへの転換を促すクラウド・コンピューティングの進展によって、データセンター・サービスに関する話題を耳目にする機会が増えてきました。クラウド・モデルへの理解を深めたユーザー企業の関心が、SaaSからPaaS、IaaSへとインフラ層に向かって広がりを見せ、また、グリーン化(地球環境への配慮とエネルギー利用効率の改善)、コンプライアンス、あるいはグローバル・インフラ統合といった要請もあって、データセンターに求められる要件は、この数年間で大きく様変わりしています。

 そうしたなか、インターネット・データセンター事業者のさくらインターネットが6月21日に郊外型大規模データセンター「さくらインターネット 石狩データセンター(仮)」の建設計画の概要を発表し、話題を呼んでいます。そこには、2010年代のデータセンターのありさまを世に問うような、実に野心的なプロジェクトが描かれているのです。

 石狩データセンターの構想は、産学官連携の北海道グリーンエナジーデータセンター協会(GEDC)が中心となり調査・誘致活動を進めてきたGEDCプロジェクトの第1号案件として建設が決定したものです。設計施工を担当するのは大成建設で、竣工時期は2011年秋の予定になっています。以下、さくらインターネットの発表資料から、石狩データセンターの主な特徴をピックアップしてみます。

■地の利を生かして実現される、圧倒的に安価な利用料金

 さくらインターネットの試算では、石狩データセンターの利用料金は、東京23区内に同規模のデータセンターを建設した場合と比べて半分以下になっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

さくらインターネット / 北海道 / グリーンIT

関連記事

石狩データセンター計画が示す「日本のデータセンターの生きる道」:第18回 所有型のITから利用型のITへの転換を促すクラウド・コンピューティングの進展によって、データセンター・サービスに関する話題を耳目にする機会が増えてきました。クラウド・モデルへの理解を深めたユーザー企業の関心が、SaaSからPaaS、IaaSへとインフラ層に向かって広がりを見せ、また、グリーン化(地球環境への配慮とエネルギー利用効率の改善)、コンプライアンス、あるいはグローバル・インフラ統合といった要請もあって、データセンターに求められる要件は、この数年間で大きく様変わりしています。

PAGE TOP