[インタビュー]

「OEM先との競合を避けてFCoEスイッチのシェアを高める」、米QLogic幹部

2010年7月6日(火)

米QLogicは、SAN(Storage Area Network)接続を中核としたI/O製品を開発するベンダーである。サーバー機向けのI/O拡張アダプタ・カード(HBA/NIC)から各種スイッチ機器まで幅広くラインアップする。インプレスビジネスメディアは2010年7月6日、同社幹部に、I/O製品の動向と同社製品の特徴を聞いた。

---扱っている製品の種類は。

Steve Zivanic氏: アダプタ、スイッチ、ASIC(特定用途向けIC)---の3つだ。

アダプタは、サーバー機向けのI/O拡張カードだ。用途に応じて、FC(Fibre Channel)接続用のHBA(Host Bus Adapter)、イーサネット接続用のNIC(Network Interface Card)、次世代イーサネットとFCoE(FC over Ethernet)で利用するCNA(Converged Network Adapter)---を用意している。

スイッチは、ストレージ接続やネットワーク接続の中継装置だ。FC接続用のスイッチや、FCおよびFCoE接続用のスイッチ、さらに、サーバー間接続などに用いられるInfiniBandのスイッチを用意している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「OEM先との競合を避けてFCoEスイッチのシェアを高める」、米QLogic幹部米QLogicは、SAN(Storage Area Network)接続を中核としたI/O製品を開発するベンダーである。サーバー機向けのI/O拡張アダプタ・カード(HBA/NIC)から各種スイッチ機器まで幅広くラインアップする。インプレスビジネスメディアは2010年7月6日、同社幹部に、I/O製品の動向と同社製品の特徴を聞いた。

PAGE TOP