[新製品・サービス]

日本アバイア、無線LANの統合に対応するハイエンド向けスイッチ新製品を発表

2010年7月31日(土)

日本アバイアは2010年7月30日、イーサネットスイッチの新製品「Avaya Ethernet Routing Switch 8800」(以下、Avaya ERS 8800)を発表し、同日から提供を開始した。中規模または大規模ネットワークを対象とし、プラットフォームとして可用性の高いコアスイッチソリューションを構築可能なERS8000シリーズの一製品。

発表によるAvaya ERS 8800の主な特徴は以下のとおり。

  • 次世代「無線LANスプリットプレーンテクノロジ」により、有線・無線LAN統合アーキテクチャに対応(2011年サポート予定)
  • 1.3GHz CPU
  • ERS8000シリーズ既存の「Avaya ERS 8600」との比較で、150%を超えるメモリ増加、約33%の省電力化
  • 3スロットシャーシ、200Gbpsフル・デュプレックス・バックボーン・アーキテクチャ
  • ユニファイドコミュニケーションに不可欠な1秒以内の障害対応
  • コアスイッチクラスタで最大200ポートの10ギガビットイーサネット(GbE)をサポート

同製品は、企業がより高度な仮想化アプリケーションモデルへ移行することを想定した設計で、無線LANの管理機能と効率的な運用を可能にする「スプリットプレーンテクノロジ」への対応を予定している。また、従来の製品と比べて大容量メモリを備える一方、消費電力の削減も可能にし、省スペース型シャーシを採用した。仮想化や無線LANの統合といった将来的な機能拡張に対応したプラットフォームで、有線・無線のアーキテクチャ統合を実現可能にしている。


Avaya Inc.
http://www.avaya.com/

日本アバイア
http://www.avaya.com/jp/

 

関連記事

日本アバイア、無線LANの統合に対応するハイエンド向けスイッチ新製品を発表日本アバイアは2010年7月30日、イーサネットスイッチの新製品「Avaya Ethernet Routing Switch 8800」(以下、Avaya ERS 8800)を発表し、同日から提供を開始した。中規模または大規模ネットワークを対象とし、プラットフォームとして可用性の高いコアスイッチソリューションを構築可能なERS8000シリーズの一製品。

PAGE TOP