[最前線]

空白だった「To-Be」を描き切り 不確実性をチャンスに変えるIT活用を

2011年10月6日(木)

フィードバック型から未来予測型の経営へ 新興国の台頭などにより企業の競争環境は激変し、過去の延長線上では事業が立ち行かない時代になった。 市場は複雑かつ不確実な要素を増やしていく。それを前提に、変化の兆しをとらえ事業を舵取りする必要がある。 そうした状況下で従来に増して重要度が高まっているのが、社内外や国内外から幅広く情報を収集して、 事業部門や事業展開する市場などに応じた情報分析を可能にする情報系システムである。 本稿では、現状と将来のあるべき姿を描くAs︱Is/To︱Be分析のポイントを改めて整理すると共に、 「未来予測型」の経営を実践するのに欠かせない情報系システムの構成機能を考察する。

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の台頭に、韓国やベトナム、フィリピンをはじめとする「Next Eleven」の経済発展─。企業が直面しているマーケットは今まで以上に多極化している。そして、勢いを加速させたグローバル化の流れが、以前と比にならないほどビジネスの不確実性を増やしている。

こうしたビジネス環境下で企業が戦い、勝ち残るためには、変化を先取りした事業の推進が不可欠であることは言うまでもない。自社を取り巻く環境で何が起きたのか、その経緯を正しく把握するだけでなく、これから何が起きようとしているのかまで推察する。つまり、「フィードバック型」から、変化の兆候をとらえてチャンスに変える「未来予測型」の経営への大転換が必要なのだ。

「未来予測型」へのシフトに当たり、企業の情報システム部門が果たすべき役割と、その責務は重い。中でも、情報系システムをいかに進化させられるかは、未来予測型へのシフトの成否を分かつ1つの大きな要素になる。幸い、メモリー上で大量のデータを高速に処理するインメモリー・コンピューティングやビジネス・インテリジェンス(BI)ソフトの機能拡充、高性能なスマートデバイスの登場など、情報系システムを高度化するための道具立てが出そろい、情報システム部門が経営に直接的に貢献できる足場は整ってきた。

以下では、未来予測型の経営を実践するための経営課題の洗い出し方法や、不確実性をチャンスに変える情報システムの要件について紹介する。これまで各所で指摘されてきた内容も含まれているが、いまだ確実な実践に結びついていない点も多々あるため改めて解説したい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

空白だった「To-Be」を描き切り 不確実性をチャンスに変えるIT活用を フィードバック型から未来予測型の経営へ 新興国の台頭などにより企業の競争環境は激変し、過去の延長線上では事業が立ち行かない時代になった。 市場は複雑かつ不確実な要素を増やしていく。それを前提に、変化の兆しをとらえ事業を舵取りする必要がある。 そうした状況下で従来に増して重要度が高まっているのが、社内外や国内外から幅広く情報を収集して、 事業部門や事業展開する市場などに応じた情報分析を可能にする情報系システムである。 本稿では、現状と将来のあるべき姿を描くAs︱Is/To︱Be分析のポイントを改めて整理すると共に、 「未来予測型」の経営を実践するのに欠かせない情報系システムの構成機能を考察する。

PAGE TOP