[技術解説]

クラウドを後押しするWANの最適化 Part 4

2011年12月27日(火)

マルチデバイス時代におけるWAN通信の最適化 仮想デスクトップやスマートデバイスなど、システム利用端末の多様化が急速に進んでいる。 クラウドサービスの活用もますます広がっている。こうしたなか、WAN性能やセキュリティの強化が 急務となっている。どんな端末でも、どこからでもシステムを安全かつ快適に利用できるようにするには、 帯域制御やMDM、次世代ファイアウォールといった技術が欠かせない。

社員の生産性向上や、災害時などにおける事業継続性の確保を目的に、仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)の導入を考える企業が増えている。VDIにおいては、クライアントOSやアプリケーションはデータセンターで稼働する。クライアント端末には、RDP(Remote Desktop Protocol)やICA(Independent Computing Architecture)、PCoIP(PC over IP)といった専用プロトコルを使って画面イメージが転送される。ユーザーは、WAN経由でサーバーに接続さえできれば、どこからでも同じ環境で作業できる。

さらに、VDIには端末管理の負担を大幅に削減できるメリットも見込める。サーバー側でアプリケーション配布やパッチ適用、バージョンアップなどを一括で実施できるようになるからである。

VDIの導入効果を左右するのは、ネットワーク性能だ。せっかく導入しても、「画面がすぐフリーズする」「処理結果がなかなか表示されない」といった現象が発生しては、業務効率の向上どころか「仕事にならない」という状況を招きかねない(図4-1)。VDIの効果を最大化するには、帯域制御と呼ぶ技術が欠かせない。

図4-1 VDI環境におけるWAN帯域の確保
図4-1 VDI環境におけるWAN帯域の確保

プリンタの印刷ジョブや、従来型のクライアント端末によるファイル転送などは、瞬間的に大量のトラフィックを発生させ、WAN帯域の負荷を高める。この現象をバーストトラフィックと呼ぶ。バーストトラフィックは、VDIで重要となる画面を転送するためのトラフィックを圧迫する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

クラウドを後押しするWANの最適化 Part 4マルチデバイス時代におけるWAN通信の最適化 仮想デスクトップやスマートデバイスなど、システム利用端末の多様化が急速に進んでいる。 クラウドサービスの活用もますます広がっている。こうしたなか、WAN性能やセキュリティの強化が 急務となっている。どんな端末でも、どこからでもシステムを安全かつ快適に利用できるようにするには、 帯域制御やMDM、次世代ファイアウォールといった技術が欠かせない。

PAGE TOP