[About this Issue]

IT技術者の約半数は週の学習時間が3時間未満~「情報に対する意欲」を考える

2012年6月1日(金)

5月の連休期間中に、米国ラスベガスで開かれた「Impact2012」に参加した。主催者である米IBMの発表によると参加者数は8500人。前年比20%増で、つまり盛況というわけだ。だが日本同様、米国の経済状況も決してよくない。そんな中で約20万円の参加費、ホテル代や航空運賃といったコストをかけて参加する人が、これだけいることに注目すべきだろう。

世界各地から8500人が集まった 世界各地から8500人が集まった

当然、参加者は「何かを得て帰ろう」という意欲が強い。だからセッション途中でも質問を投げかけるし、内容に興味が持てなければ、さっさと席を立つ。今に始まったことではなく、米国のカンファレンスの常ではあるが、見習うべきことなのかも知れない。

ちなみに展示会場などでは、言葉や名札から見る限り、中国などアジア系の参加者が目立った。日本からの参加者は40数人、割合では0.5%。もっと多くもいいように思うのだが…。5月後半に開催される米EMCのカンファレンスには、100人近い日本人が参加する予定と聞く。

IPA(情報処理推進機構)が「IT人材白書2012」を5月中旬に公開した。中身を見るとサブタイトルに「動かぬIT人材」とある。いったいどういうことか? IPAの田中久也IT人材育成本部長はこう話す。

「3K、7Kと言われたのは遙か昔。2600人に調査した結果、現在は労働時間も仕事のやりがいも満足度は高い。一方、技術の進化やグローバル化の中で将来のキャリアに対する不安が高まっている。となれば自己研鑽に励むはずなのに、実態は違った。雑誌や書籍、Webによる独学・情報収集が「週3時間未満」との回答が5割を超えた。社内外の教育コースやセミナーへの参加も「年間で10時間以下」がやはり半数。時間を使えばいいというものではないが、そういうレベルでさえないだろう。前向きに警鐘を鳴らす目的で、“動かぬ”というタイトルをつけた」。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

IT技術者の約半数は週の学習時間が3時間未満~「情報に対する意欲」を考える5月の連休期間中に、米国ラスベガスで開かれた「Impact2012」に参加した。主催者である米IBMの発表によると参加者数は8500人。前年比20%増で、つまり盛況というわけだ。だが日本同様、米国の経済状況も決してよくない。そんな中で約20万円の参加費、ホテル代や航空運賃といったコストをかけて参加する人が、これだけいることに注目すべきだろう。

PAGE TOP