[情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」]

10人に1人は、貴社のWebサービスを使えません

2013年12月19日(木)岡山 将也(日立コンサルティング)

普段の生活でWebサービスを全く使っていない、という人は少数派ではないでしょうか。オンライバンキング、チケット予約システム、口コミサイト、ソーシャルメディア…最近では行政サービスもインターネット上で提供されるようになりました。利用者数の拡大に伴って、急速に重要度が高まっているのが、「誰もが使えるシステム」を作ること。例えば、視力や色覚にハンディキャップを持った人々でも問題なくサービスを受けられるか。機能やパフォーマンスの陰に隠れがちだった、「デザイン」にも目を向ける必要性が高まっているのです。

Webサービスが使えないなんて!?

 

 「うちのWEBサービスが使えないってどういうことよ!」、「うちのWEBサービスは誰でも使えるよ」。思わずそう言いたくなるタイトルですね。

 通常、WEBシステムなどの情報システムを構築する人は、“誰でも使えること”を念頭において設計や、開発をしていることと思います。「使い方が分かる人、使いこなせる人だけが、自分たちのシステムを使えば良い」と考えている人はまれでしょう。ほとんどの人は、「できるだけ多くの人に使ってもらいたい」と考えるはずです。

 では、実際に皆さんのシステムは誰でも利用できるよう設計されているでしょうか。想像してみてください。もしあなたが事故や病気で失明したり、両手が使えなくなったりしたら、あなたの作ったシステムを利用できるでしょうか?

 たぶん、ドキッとされる方も多いと思います。そう、私たちは知らず知らずの間に、健常者と呼ばれる人たちを前提としがちなのです。もちろん、「そういう人は想定していないから」とおっしゃる設計者もいらっしゃるでしょう。そうした判断は果たして正しいのでしょうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」一覧へ
関連記事

Special

-PR-

10人に1人は、貴社のWebサービスを使えません普段の生活でWebサービスを全く使っていない、という人は少数派ではないでしょうか。オンライバンキング、チケット予約システム、口コミサイト、ソーシャルメディア…最近では行政サービスもインターネット上で提供されるようになりました。利用者数の拡大に伴って、急速に重要度が高まっているのが、「誰もが使えるシステム」を作ること。例えば、視力や色覚にハンディキャップを持った人々でも問題なくサービスを受けられるか。機能やパフォーマンスの陰に隠れがちだった、「デザイン」にも目を向ける必要性が高まっているのです。

PAGE TOP