[情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」]

自社の情報システムをユニバーサルなデザインにするための10+1のポイント

第4回

2014年7月31日(木)岡山 将也(日立コンサルティング)

前回のコラムでは、TEDに出演された、Chris Downey氏の言葉を引用して、「ハンディキャップを持った人たちのために情報システムをデザインするということは、より包括的で公平であり、単純に皆のための情報システムになるということです」とまとめ、ユニバーサルデザイン(UD)を実践してみましょうと提案しました。 しかし読者の中には、「どうやってUD化するかわからない」「何から手を付けるのか解説してほしい」と思われる方も多くいらっしゃると思います。そこで今回のコラムでは、情報システムでユニバーサルデザインを実践するには、具体的にどうしたらよいかについて触れてみたいと思います。

自分の作ったシステムをチェックしてみよう

アイキャッチ画像自社のシステムは使いやすいだろうか?

 まずは、自分にとってシステムが本当に使いやすいか、自問自答してみましょう。自分が使いにくいシステムは、他の人も同じはずです。

 その上で、ITリテラシの有無に関わらず、システムを利用できるのかも想像してみて下さい。その際のチェックポイントを10個示します。

1.画面は見やすいですか?

 どこに何があるかがすぐに理解できるかチェックしてみましょう。1つの画面にあれやこれや詰め込むと何が何だか分からなくなります。統一感もなくなります。

 目安は1画面1機能。1つの画面であれもこれもさせるのではなく、1つの目的だけを達成させるようにすると良いでしょう。情報の配置も重要です。人は上から下、左から右に目線を動かすと言われています。それに沿っているかチェックしてください。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】マウスだけでなくキーボードからも操作できますか?
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」一覧へ
関連記事

自社の情報システムをユニバーサルなデザインにするための10+1のポイント前回のコラムでは、TEDに出演された、Chris Downey氏の言葉を引用して、「ハンディキャップを持った人たちのために情報システムをデザインするということは、より包括的で公平であり、単純に皆のための情報システムになるということです」とまとめ、ユニバーサルデザイン(UD)を実践してみましょうと提案しました。 しかし読者の中には、「どうやってUD化するかわからない」「何から手を付けるのか解説してほしい」と思われる方も多くいらっしゃると思います。そこで今回のコラムでは、情報システムでユニバーサルデザインを実践するには、具体的にどうしたらよいかについて触れてみたいと思います。

PAGE TOP