[仮想デスクトップ(VDI)再入門]

デスクトップ仮想化(VDI)とシンクライアントはどう違う?

2014年2月10日(月)佐々木 慎介(ネットワンシステムズ)

本連載では、「今後、自社でもVDIの導入を検討するべきだろうか・・・?」とお考えのシステム担当者の皆さんに、VDIの意義や効果、導入検討段階で気になるポイントなどを解説していきます。第1回では、シンクライアントについて説明します。シンクライアントを理解すると、VDIの長所、短所もよく分かります。

eye_catch

 VDI(Virtual Desktop Infrastructure)を解説するにあたって、まず第1回では「シンクライアント」と呼ぶ処理方式を説明します。なぜなら、VDIはシンクライアントの実装方式の1つだからです。シンクライアントとは何か、VDI以外にどんな方式があるのかを理解すると、VDIの本質がよくわかります。

 シンクライアントは、プログラムの実行や、データの保存といった機能をクライアント端末から切り離し、サーバーに集中させるアーキテクチャのことです。シン(thin)は「薄い・細い」を表す英単語。PCなどと比較して、機能を削ぎ落したクライアントという意味です。シンクライアントと対比して、PCをファットクライアント(fat client)と呼ぶこともあります。

シンクライアントには2つのタイプがある

 シンクライアントにはいくつかの実装方式があります。まず、「ネットワークブート型」と「画面転送型」の2タイプに分類できます。さらに、画面転送型は、「サーバーベース方式」「ブレードPC方式」「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式」3つのタイプに分類できます。まず、ネットワークブート型とサーバーベース型の違いを説明しましょう。

図1:シンクライアントの主な実装方式

ネットワークブート型シンクライアント

 文字通り、ネットワークブートの仕組みを利用した方式です。サーバーに保存したイメージファイルを、端末がネットワーク経由でダウンロードして、OSやアプリケーションを実行します。端末のCPUとメモリーを使うため、利用している感覚は通常のPCと変わりません。周辺デバイスも利用できます。WindowsだけでなくLinuxにも対応が可能です。複数のユーザーで共同利用できます。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
仮想デスクトップ(VDI)再入門一覧へ
関連記事

デスクトップ仮想化(VDI)とシンクライアントはどう違う?本連載では、「今後、自社でもVDIの導入を検討するべきだろうか・・・?」とお考えのシステム担当者の皆さんに、VDIの意義や効果、導入検討段階で気になるポイントなどを解説していきます。第1回では、シンクライアントについて説明します。シンクライアントを理解すると、VDIの長所、短所もよく分かります。

PAGE TOP