[仮想デスクトップ(VDI)再入門]

デスクトップ仮想化(VDI)の次に来る? 「仮想ワークスペース」とは

2014年5月30日(金)永田 史郎(ネットワンシステムズ)

これまでの連載では、仮想デスクトップ(以下、VDI)を導入する際、知っておくべきポイントや検討ポイントを解説してきました。最終回は、VDIの未来の形である「仮想ワークスペース」を解説します。

 VDIの次のステップとして、注目を集めそうなツールがあります。「仮想ワークスペース」です。OSや端末に依存せず、時間や場所に縛られず、業務に必要なツールを利用可能にする“クライアント環境の統合基盤”です。電話やビデオ/web会議、プレゼンス、社内SNS、デスクトップを仮想化。1つのスペースで利用できるようにします。

 ビデオ会議や社内SNSの仮想化と言っても、ピンとこない読者もいるかもしれません。具体的には、各種アプリケーションをVDI上で利用できるようにします。また、デスクトップに依存せず、単独のアプリケーションでも利用可能にします(SaaS利用やWebアプリケーション化)。こうした取り組みを仮想化と呼んでいるのです。

 ユーザーが仮想ワークスペースにアクセスすると、認証情報を元にポリシーが適用されます。この時、MDM(モバイルデバイス管理)、MAM(モバイルアプリケーション管理)、MCM(モバイルコンテンツ管理)といった技術が使われます。

 仮想ワークスペースでは、ユーザーインタフェースは端末に応じて最適化されます。例えば、メールやブラウザに関しては、各種ネイティブ向けのアプリケーションを提供し、セキュリティの確保と、操作性の向上を図っています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ベンダーが仮想ワークスペースを提案する理由
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
仮想デスクトップ(VDI)再入門一覧へ
関連記事

デスクトップ仮想化(VDI)の次に来る? 「仮想ワークスペース」とはこれまでの連載では、仮想デスクトップ(以下、VDI)を導入する際、知っておくべきポイントや検討ポイントを解説してきました。最終回は、VDIの未来の形である「仮想ワークスペース」を解説します。

PAGE TOP