[愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問]

【第6回】モバイルアプリの一般的なシステム構成は?

2014年3月28日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

Q6:モバイルアプリはどんなシステム構成をとるのか?

A:システム全体のアーキテクチャは、Webアプリケーションとよく似ている。「MVCモデル」をとるのが一般的だ。画面表示を担う「ビュー」、処理の中核を担う「モデル」、両者をつなぐ「コントローラー」で構成する。

 ただし、通常、モデルが担当する処理の一部、具体的には、トランザクションなどの処理をバックエンドサーバーに任せるケースが多い。サーバー側にAPIを用意して、アプリから呼び出す。

図1:モバイルアプリのシステム構成例

 アプリの開発、運用基盤に、クラウドサービスを積極的に取り入れるのが、モバイルアプリ開発のトレンドだ。例えば、バックエンドサーバーや、データベース、認証基盤などをAmazon Web Servicesに置く。バックエンドが複雑でない場合は、セールスフォースが提供する「Heroku」など、アプリケーション運用基盤を利用することもある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問一覧へ
関連記事

【第6回】モバイルアプリの一般的なシステム構成は?今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

PAGE TOP