[デジタル時代のマーケティングテクノロジー]

【第4回】ビジネスのためのソーシャルメディア戦略

2014年6月13日(金)アドビシステムズ マーケティング本部

マーケティング活動を取り巻く環境は、ここ数年、目まぐるしい勢いで変化しています。デジタル時代に効果的なマーケティング施策を立案・実行するための基礎となるマーケティングテクノロジーを解説する本連載。前回は、デジタルマーケティングで最も需要視されている「顧客体験の最適化」について説明しました。今回は、マーケティング活動において期待を集めているソーシャルメディアについて見ていきましょう。

 ソーシャルメディアを活用したマーケティング手法「ソーシャルマーケティング」が日本で流行したのは2011年のことです。このタイミングを皮切りに、多くの企業がFacebookやTwitterなどのソーシャルメディア上に自社アカウントの運営に乗り出しました。

 2011年の当時、ソーシャルメディアがマーケティングに活用できるかどうかを疑問視する声が挙げっていたことは、まだ記憶に新しいところです。それでも多くの企業は、新しい波に乗り遅れまいと次々と自社のソーシャルメディア・アカウントを立ち上げていったのです。

 それから数年が経った今、当時ソーシャルメディア・アカウントを立ち上げた企業は、大きく2つの状況に分かれていると思います。1つは、この数年間で自社のソーシャルメディア戦略を確立し、デジタルマーケティング戦略の中で大きな役割を持つ状態にある企業です。

 もう1つは、ソーシャルメディアの活用に価値を見いだせず、けれども、一度始めたことは辞められず、自社のソーシャルメディア・アカウントを業務として仕方なく管理・運営している企業です。こうした企業では、「ソーシャルメディアの投稿は、新卒社員の担当業務にしている」という話を筆者自身よく耳にします。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】複数メディアをいかに効率よく運用するか
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
デジタル時代のマーケティングテクノロジー一覧へ
関連記事

【第4回】ビジネスのためのソーシャルメディア戦略マーケティング活動を取り巻く環境は、ここ数年、目まぐるしい勢いで変化しています。デジタル時代に効果的なマーケティング施策を立案・実行するための基礎となるマーケティングテクノロジーを解説する本連載。前回は、デジタルマーケティングで最も需要視されている「顧客体験の最適化」について説明しました。今回は、マーケティング活動において期待を集めているソーシャルメディアについて見ていきましょう。

PAGE TOP