[シリコンバレー最前線]

2014年のシリコンバレー10大ニュース、企業買収の一方でリストラ/分社化が目立つ年に

2014年12月25日(木)山谷 正己

多くの人災/天災をもたらした2014年。日本では、631億円を費やした衆議院選挙と紅白歌合戦で2014年の幕が下りる。2015年は、どのような年になるであろうか。2015年を占う意味を込めて、シリコンバレーを中心としたIT業界の2014年の変革ぶりを、筆者が選んだ10大ニュースで振り返ってみよう。

ニュース1:コンピューターにとって記念すべき2014年

 1964年に米IBMの汎用コンピューター「System/360」が誕生してから、2014年は50周年の年だった。System/360はメインフレームとも呼ばれ、当時は一世を風靡した。50年を経た今日でも、その基本アーキテクチャーは脈々と受け継がれており、多種多彩なコンピューターの基礎になっている。

 さらに2014年は、米Appleの 「Macintosh」とIBMの「PC-AT」というPCが生まれてから30周年、そして欧州の原子核研究機構(CERN)の研究者であるTim Berners-Lee氏がWWW(World Wide Web)を生み出して25周年に当たる。いずれも今日の生活には欠かせない道具になっている(表1)。

表1:世界を変えた製品と技術表1:世界を変えた製品と技術
拡大画像表示

ニュース2:クラウドサービスの値下げ合戦が激化

 2014年初めに、米AWS(Amazon Web Services)が、ストレージサービス(S3とEBS)の料金を20~60%下げるという大幅な値下げを断行した。それに追従して米Appleや米Google、米Microsoft なども、それぞれのストレージサービスで同等の値下げを実施した(表2)。

表2:主なクラウドストレージ・サービスの利用料金表2:主なクラウドストレージ・サービスの利用料金
拡大画像表示

 同様に、仮想サーバー(コンピュート)の時間当り利用料も大幅な低価格競争が繰り広げられている。AWS EC2のマイクロインスタンスは0.013ドル/時間(東京リージョンの場合0.02ドル/時間)、Microsoft A0インスタンスは0.018ドル/時間である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】スマートフォンで大画面化が激戦に
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

2014年のシリコンバレー10大ニュース、企業買収の一方でリストラ/分社化が目立つ年に多くの人災/天災をもたらした2014年。日本では、631億円を費やした衆議院選挙と紅白歌合戦で2014年の幕が下りる。2015年は、どのような年になるであろうか。2015年を占う意味を込めて、シリコンバレーを中心としたIT業界の2014年の変革ぶりを、筆者が選んだ10大ニュースで振り返ってみよう。

PAGE TOP