[企業が無線LANで失敗しないための3つの条件]

【条件2】Wi-Fi無線LANの課題を理解する

2015年8月20日(木)小宮 博美(ラッカスワイヤレスジャパン テクニカルディレクター)

コンピュータをLAN(Local Area Network)に接続することが一般的になって20数年しか経っていません。その間、最も多く利用されたLANのプロトコルがEthernet(イーサネット)です。しかし、Ethernetの常識でWi-Fiの無線LANを運用しようとすると、思わぬトラブルを招くことがあります。Wi-Fiの無線LANにおける課題をしっかりと認識する必要があります。

 ほとんどの企業が、Ethernet(イーサネット)の有線LANからWi-Fiの無線LANへ移行しています。中には、初めてLANプロトコルを移行した企業もあることでしょう。LANのプロトコルには特性があります。有線LANを運用してきた企業において、この特性の違いが運用を妨げる要因になることがあります。

 以下では、無線LANプロトコルに特有の課題や、多数の機器が無線LANを利用することで顕著化してくる課題を挙げ、対応策を説明していきましょう。

課題1:データの暗号化

 無線LAN通信では、アクセスポイント(AP:Access Point)あるいは無線LANクライアントが送信したデータを誰でも受信できます。データが暗号化されていなければ当然、データの内容を読み取られてしまいます。無線LANでは、ネットワークに接続していなくても、通信の電波を受信できればデータを読み取れるだけに、企業ネットワークでは無線LANの暗号化は必須だと言えます。

 無線LANの暗号方式には「WEP(Wired Equivalent Privacy)」「TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)」「AES(Advanced Encryption Standard)」の3種類があります。ただWEPとTKIPには脆弱性があり、ツールを使って簡単に解読されてしまいます。暗号にはAESを使いましょう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】無線LAN機器同士で干渉を発生させている
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
企業が無線LANで失敗しないための3つの条件一覧へ
関連記事

【条件2】Wi-Fi無線LANの課題を理解するコンピュータをLAN(Local Area Network)に接続することが一般的になって20数年しか経っていません。その間、最も多く利用されたLANのプロトコルがEthernet(イーサネット)です。しかし、Ethernetの常識でWi-Fiの無線LANを運用しようとすると、思わぬトラブルを招くことがあります。Wi-Fiの無線LANにおける課題をしっかりと認識する必要があります。

PAGE TOP